logo

将来実現してほしいドラえもんの秘密道具は? ベスト3回答は、「どこでもドア」「アンキパン」「タケコプター」



インプレスグループで、女性向けインターネット事業を手がけるStyle us(スタイラス)株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩崎綾)は、自社で展開する身近系happy共有サイト「gooppy」に寄せられた、将来実現してほしいドラえもんの秘密道具に関する投稿を集計し、発表いたします。

ドラえもんは、1969年の連載開始以来、マンガやTVアニメなど様々なメディアで展開され、、キャラクターグッズなどでもお馴染みの国民的キャラクターです。この夏封切られた映画も、興行収入で60億円を突破するなど(注1)、今も子供から大人まで幅広い層に支持されています。そこで今回は、gooppyで聞いた「将来実現してほしいドラえもんの秘密道具ベスト3」という質問に寄せられたユーザーのベスト3回答を集計し、ドラえもんの人気秘密道具を探ってみました。

最も多い回答として挙げられたのは、「どこでもドア」で130ポイント、次いで「アンキパン」74ポイント、「タケコプター」50ポイントとなっています。1位の「どこでもドア」は3位の「タケコプター」と並んでドラえもんが最もよく使う秘密道具の一つ。2位以下を大きく引き離して1位を獲得しました。これまで何度もCMに使われるなど、夢の道具として広く認知されているようです。

「アンキパン」はコミックの第2巻に登場するかなり初期の秘密道具ですが、堂々の2位を獲得しました。ノートや教科書に押しつけて食べるとその内容が記憶できる、試験前に手に入れたい秘密道具です。3位は順当に「タケコプター」が入りました。4位に入った「ほんやくコンニャク」は食べると外国語が話せて理解できるようになる秘密道具です。これは、ビジネスマンにもニーズがありそうです。以下、「もしもボックス」、「タイムマシン」と続きます。

今回は、上位3アイテムで全ポイントの46%を占めており、ベスト3のアイテムへ人気が集中していました。また、比較的古い秘密道具も上位にランキングされるなど、“今の大人が子供時代に見たドラえもん”の記憶が強い印象として残っている事が分かります。これが、ドラえもんが長く愛される理由の一つなのかもしれません。

【データ】Style us株式会社の運営する、身近系happy共有サイト「gooppy」でのベスト3お題「将来実現してほしいドラえもんの秘密道具ベスト3」への回答を集計。1位回答3ポイント、2位回答2ポイント、3位回答1ポイントとして集計。回答数53。

その他、ユーザーからのコメントでは下記のような意見も寄せられました。

<どこでもドア>
・定番中の定番。ドアを開けるだけで行きたい場所に行けるなんてすごい。(神奈川県・女性)
・飛行機が苦手だって海外へ行けて、山登りしなくても絶景が見られちゃう。(長野県・女性)
・通勤ラッシュ、痴漢、子連れストレスからの解放…… これが1位!(東京都・女性)

今後もStyle us株式会社では、gooppyに寄せられたユーザーの回答を定期的に集計・分析し、ユーザーのリアルな嗜好や傾向を発信してまいります。

以上

(注1):日刊スポーツ 2014年9月5日付の報道に基づく。
________________________________________
【gooppy(グッピー)】リンク
”あなたのgoodでみんなとhappy♪”をモットーに、女性が手軽に口コミを投稿・閲覧できるうえ、地域の店舗にも新たな広告宣伝の門戸を開くことで、女性の生活をより豊かにできる、新しいエコシステムを備えたメディアです。

【Style us(スタイラス)株式会社】 リンク
女性が明るく素敵に暮らすためにできることがまだまだたくさんあると、私たちは考えています。「私たちのスタイル」の意味を持つStyle usは、これからも女性のための豊かな生活価値を創造してまいります。

【インプレスグループ】 リンク
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。
________________________________________

【本件に関するお問合せ先】
Style us株式会社 担当:岩崎
Tel: 03-5275-1227 / E-mail: mailto:info@style-us.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。