logo

SuperStreamがアマゾン ウェブサービスに対応

-低価格で高い安全性が確保された環境でクラウド ERPを実現-

キヤノン MJ ITグループのスーパーストリーム株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長: 高山峰美、以下スーパーストリーム)は、Amazon Web Services,Inc.が提供するクラウドサービス「アマゾン ウェブサービス(以下AWS)」に、財務会計・人事給与システム「SuperStream」が対応したことを発表します。



近年企業のIT基盤において、セキュリティやBCP、コストなどの観点から、ハードウェアを所有せずにソフトウェアをクラウド上で利用する「持たざるIT」が拡大しています。
企業の基幹業務システムであるERPのクラウド化についてもユーザーの関心は高まっており、今後は「クラウドERP」へのニーズも急激に拡大していくと予想されています。

このような流れに対応するため、スーパーストリームは、近年急速に国内市場でユーザー数が増加しているAWSのAmazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)およびAmazon Relational Database Service(Amazon RDS)上での動作検証を実施し、本日9月11日よりSuperStreamの動作環境として正式にAWSに対応します。

──────────────────────────────────────
■対象プロダクト:
・SuperStream-NXシリーズ(全プロダクト)
統合会計、固定資産、手形管理、人事管理、給与管理、人事諸届・照会、退職金管理オプション、グループ経営管理、証憑管理オプション、建設仮勘定管理オプション、ファクタリングシステム、システム連携ツール

・SuperStream-COREシリーズ
CORE、AP+、AR+、FA+、PN+、HR+、PR+、RE、field、field/HR、connect

■AWSサービス:Amazon EC2(OS:Windows)、Amazon RDS(DB:Oracle Database)
──────────────────────────────────────

SuperStreamがAWSに対応することによって、ユーザーにさまざまなメリットを提供できます。
1.自社でサーバーを持つ必要がないため、サーバーや周辺機器などの購入費用が不要
2.サービスの利用料金が低価格であるため、ITコスト全体の圧縮が可能
3.高度なセキュリティ機能が多く組み込まれているため、高い安全性が確保されている
4.AWSの豊富なサービスを活用することにより、BCP・DR環境を容易かつ低価格で実現

スーパーストリームは、AWSをSuperStreamの動作環境の選択肢として、ユーザーの皆様に積極的に提案し、パートナーと共に2017年までに300社に展開することを目標にしています。

<スーパーストリーム株式会社>

●報道関係者のお問い合わせ先:マーケティング企画部 山室
 TEL:03-6701-3647
 E-mail:mkt_p@superstream.co.jp
●一般の方のお問い合わせ先:パートナー営業部
 TEL:03-6701-3645
 E-mail:ss-info@superstream.co.jp
●ホームページ:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事