logo

HeckArt StudiosがDIRECTVで映画「ALTERGEIST」を世界初公開

HeckArt Studios 2014年09月10日 15時27分
From 共同通信PRワイヤー

HeckArt StudiosがDIRECTVで映画「ALTERGEIST」を世界初公開

AsiaNet 57821(0964)


【ロサンゼルス(米カリフォルニア州)2014年9月10日PRN=共同通信JBN】5年間の共同制作・配給契約を結んだばかりのDIRECTVとHeckArt  Studiosは契約締結第1作としてテディ・サラフィアン監督・脚本(「ターミネーター3」「タンク・ガール」)のスーパーナチュラルスリラー「ALTERGEIST(アルターガイスト)」を選んだ。映画は10月9日にDIRECTVで世界初公開され、11月5日の劇場での一般公開直前まで独占的に放映される。

    Video - リンク
    Photo - リンク
    Photo - リンク

Korbel Champagne Cellarsでロケ撮影されたALTERGEISTは、幽霊が出没するとされることで有名なKing’s Ransom Wineryを調査する超常現象調査グループを描いている。長く葬り去られていた記憶と抜き難い恐怖がチームを包み込むにつれて、メンバーたちは幽霊ですら数世代にわたって呪われた一族に取り付いてきた真に邪悪な存在を恐れることを知って恐怖におののく。

映画の劇場公開と同時にDVDなど他のメディアも発売される例、同時発売は最近増えているが、劇場公開の数週間前にVODで視聴できるようにするのは珍しい。HeckArtのアーロン・ヘック最高経営責任者(CEO)は、「ALTERGEISTがDIRECTVを通じて世界初公開されることにわくわくしている。新しい公開モデルには数々の長所がある。DIRECTVによる全国的プロモーションもその1つだ」と話す。

HeckArt StudiosはDIRECTVと協力してVODプラットフォームで独占公開中に全国的に映画の知名度を高めることになる。ヘックCEOは「DIRECTVは米国内で約2000万人の契約者がいる。全世帯は1億1500万なので他の配給方式でリーチできる視聴者の数も大きい。DIRECTVの契約者が自宅で映画を見れば、他の視聴者にも認知度が広がり、映画館やESTアウトレットなど、あらゆるところでALTERGEISTを上映ないし放映しているところを探すだろう」と説明する。

HeckArt Studios とDIRECTVとの取引は双方にとって利点がある。前提となるのはDIRECTVが劇場一般公開に先立って独占的なコンテンツを別のルートで契約者に提供し、映画に関する認知度をたかめることである。このモデルの価値を、配給会社の多くが認めることになれば、インディーズ映画の将来が開けるだろう。

▽「ALTERGEIST」について
超自然現象スリラー映画「ALTERGEIST」は全編、1882年に建てられた歴史的なKorbel Champagne Cellarsでのロケで撮影された。超常現象や疑惑の死など、映画はこの場所で実際に起きた出来事からインスピレーションを得ている。

    リンク
    リンク
    リンク
    リンク
    リンク

▽HeckArt Studios ついて
名声が確立している映画・コマーシャル製作会社であるHeckArt Studiosは最近になって映画配給事業に業務を拡大。配給先の多様化の必要性を認識している。配給先を探している完成作品の買い付けに加え、HeckArt Studiosは自社のフィーチャープロジェクトも活発に展開している。

リンク

▽問い合わせ先
John Negropontes
info@heckartstudios.com
+1 424.210.3320

ソース:HeckArt Studios

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。