logo

popInが、READに基づき「読者満足度の高い記事」を解析し、ネイティブ広告に対応したコンテンツ発見プラットフォーム popIn Discoveryを通じて提供開始

popIn株式会社 2014年09月09日 10時00分 [ popIn株式会社のプレスリリース一覧 ]
From DreamNews

popIn株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:程 涛、以下 popIn)は、記事コンテンツの読了状況を解析し、ページビューの質を測るテクノロジーREAD*を活用し、「読者満足度の高い記事」を解析するアルゴリズムを開発し、2014年9月9日にコンテンツ型ネイティブ広告に対応したプラットフォーム popIn Discovery**を通じて提供を開始いたしました。

「読者満足度の高い記事」を解析するアルゴリズムの概要は以下の通りです。
・掲載サイトの平均読了率・平均読了時間を超えていること(質の観点)
・サイト全体での総読了時間が長いこと(量の観点)

このアルゴリズムにより抽出される記事群は、アクセスランキングによって集計される記事群と異なり、じっくりと読み込まれ、且つ、幅広い読者層に受け入れられているといえ、読者とのエンゲージメントを高めることが期待されます。解析結果は、READ導入サイト用のダッシュボードを通じて、サイト全体とカテゴリー別にレポートされます。



この「読者満足度の高い記事」は、popInが提供する専用ウィジェットやレコメンデーションウィジェットを通じて読者に提示することができます。専用ウィジェットは記事ページだけでなく、トップページやカテゴリートップへの掲載も可能です。また、通常記事下に設置されるレコメンデーションウィジェットでは、「読者満足度の高い記事」と合わせて従来の「内容関連性/リアルタイムアクセス/ソーシャル/行動履歴」などの別アルゴリズムにより解析される記事を併載することが可能です。

専用ウィジェットやレコメンデーションウィジェットには、サイト内の記事リンクと合わせて、popIn Discoveryで配信をしているサイト外のコンテンツ型ネイティブ広告が掲載されます。ウィジェットは無料で提供され、発生する広告収益は掲載サイトとレベニューシェアされます。popInは、サイト外のコンテンツ型ネイティブ広告へのREAD導入を進めており、読まれやすい広告を配信することで読者の広告体験が向上することが期待されます。



popIn Discoveryは、今後もクリックしたあとで「がっかりしない、おもしろい」コンテンツに出会うことのできるプラットフォームを運営することで、読者の情報体験をよりインテリジェントにすることを目指します。


*READは8月末の時点で、大手ニュースメディアを中心に130サイト以上で導入されています。
**popIn Discoveryはコンテンツ型のネイティブ広告配信を行うサービスで、米国のオンライン広告の業界団体IAB( Interactive Advertising Bureau)が分類するレコメンドウィジェット型に該当します。2014年8月末時点で、新聞社サイト・経済ニュース・雑誌社メディアなどプレミアムメディアをネットワーク化して配信を行っています。

本リリースに関するお問合せ
popIn株式会社 担当:田坂
E-mail: info@popin.cc
Tel  : 03-6801-8688
公式HP:リンク

■popIn株式会社の会社概要
本社所在地  東京都文京区本郷7-3-1 東京大学アントレプレナープラザ 705
代表者  代表取締役 程 涛
会社URL  リンク
主な事業内容  大手ニュースメディアに対し、コンテンツ発見プラットフォームなどインテリジェント化サービスを提供




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。