logo

人事給与アウトソーシングサービス(ペイロールサービス)「S-PAYCIAL」サービス開始6年でご利用ユーザ10万人を達成

~従来のペイロールサービスの課題を解決し急成長を実現~

鈴与シンワート株式会社(代表取締役社長池田 裕一、本社所在地:東京都港区、以下「鈴与シンワート」という)は、人事給与アウトソーシングサービス(ペイロールサービス)「S-PAYCIAL」がサービス開始の2008年7月から6年1か月でご利用ユーザ数が10万人に達成したことを発表しました。

■従来のペイロールサービスの課題を解決
従来普及していた他社のペイロールサービスは分析が可能な人事給与システムがサービスに含まれていなく、人事給与処理業務をアウトソーシングするものでした。これにより顧客側はシステムを活用した業務分析を自身で直接行うことができませんでした。一方で市場では、戦略的人事への転換が求められており、ペイロールサービス+分析ができる人事給与システムの両方が求められるようになりました。そこで、鈴与シンワートは、月例給与、賞与、年末調整、住民税管理、社会保険支援など一連の給与業務に対応したペイロールサービスに人事給与システムの利用を可能にしたハイブリッド型の人事給与アウトソーシングサービス「S-PAYCIAL」の提供を2008年7月に提供を開始しました。ペイロールサービス+人事給与システムが高い評価を頂き、ご利用ユーザ数が累計で10万人に達することができたと考えます。

鈴与シンワート ビジネスプロセスサービス事業部 事業部長 長谷川 信光は「20年近く蓄積してきた業界トップクラスの人事給与システム構築の経験を活かした、「S-PAYCIAL」が多くのお客様に評価されていることを大変嬉しく思います。採用いただいたお客様、ご協力いただいたパートナーの皆様や社員、全ての皆様に感謝いたします。S-PAYCIALは今後もお客様のニーズにこたえ続けるべく、進化を続けていきます。引き続きご指導ご鞭撻の程、宜しくお願いいたします。」と述べています。

■S-PAYCIAL事例集
過去のS-PAYCIALの代表的なお客様の事例を下記ページにてご紹介しております。
リンク

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

■■「S-PAYCIAL(エスペイシャル)」サービス概要
「S-PAYCIAL(エスペイシャル)」は、月例給与、賞与、年末調整、住民税管理、社会保険支援など一連の給与業務に関してWEBアプリケーションを利用したサービス提供を行います。「業務運用」と「システムインテグレーション」を組み合わせた、新しいコンセプトの人事給与アウトソーシングサービスです。
お客様とアウトソーサーが共通のWEBプラットフォームを利用することで従来型サービスに比べ、スピーディーな情報共有と高度な人材情報分析を実現します。
「S-PAYCIAL」の詳細はリンクをご覧ください。


■■鈴与シンワート株式会社について
鈴与シンワートは、鈴与グループ内で唯一の上場企業として情報サービス事業を担っております。ネットワークインフラやソフトウェア開発をはじめとするシステム構築・保守・運用の受託業務、人事給与・会計などの業務パッケージソリューション、およびデータセンター運営等の情報サービス事業を広く展開しています。(リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事