logo

iPad、Evernoteに対応。スマホで暗記できる「アンキスナップ」が大幅アップデート 。

受験から資格まで、通勤・通学途中の「すき間時間」を効率的な勉強時間に変える機能を追加。

ぺんてる株式会社(東京都中央区日本橋小網町7-2 社長 和田 優 TEL.03-3667-3333)は、スマートフォンで暗記シートの様に暗記ができる「AnkiSnap(アンキスナップ)」のアプリを大幅アップデートし、2014年9月5日より提供を開始しました。





アンキスナップは蛍光ペンでアンダーラインを引いてスマホで撮影することで、ラインを引いた部分にマスクが掛かり画面上で暗記シートの様に使うことができます。今回のアップデートは高校生の声を反映した機能追加に加え、クラウドサービスEvernoteに対応しました。作成したシートをEvernoteにアップして、複数の端末で利用することも可能です。また、iPad版アプリも同時にリリース致します。


●アップデートの内容


文書・画像・音声データなどを保存し、いつでも簡単に活用できるクラウドサービスEvernoteに対応しました。アンキスナップで作成した暗記シートの画像をEvernoteへアップロードしたり、Evernoteからのインポートがアプリからの簡単な操作で行うことができます。Evernoteとの連携で、例えば、同じ画像を使って通勤・通学電車ではスマートフォンで、自宅ではiPadで暗記といった使い分けが可能になりました。
※Evernoteを利用するにはアカウントの作成、登録が必要です。


●iPad版のリリース


iPadの大画面で画像を開くことによってより多くの情報を一度に確認することができます。また、iPad版のみの機能として自動回転や手書きパット機能を実装しました。マスクをタップして視覚的に確認するだけでなく、手書きパット機能で書いて英単語の綴りを確認することで記憶をより強固にすることができます。

■対応OS iOS7
■対応機種 iPad Air, iPad(第4世代), iPad(第3世代), iPad 2, iPad mini, iPad mini Retina, iPad mini
■価格 300 円(税込 App Store 内部課金)
※画像の保存枚数の制限を解除するオプションです。アプリは無償でインストールできます。


●アンキスナップの概要


アンキスナップが優れているのは教科書やテキストをカバンから取り出さずにスマートフォンの画像だけで学習できる点です。電車の中など移動途中でも画面をタップするだけで答えを確認することができ、短いすき間時間でも効率的に暗記に集中することができます。(2013年10月に発売済)

■パッケージ内容 暗記用マーカー、シリアル番号カード
■小売価格 500 円+消費税
■対応機種 Android 4.0以上、iOS6 以上を搭載のスマートフォン
※ シリアル番号カードにはアプリの画像保存枚数制限を解除するシリアル番号が記載されています。(有効期限1年間)


■アンキスナップWEBサイト リンク
■Evernote WEBサイト リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事