logo

日本工学院とオートデスク、建設業界向けBIM人材育成カリキュラムを2015年から提供

高まる国内外の建設需要に応える人材を育成、輩出

日本工学院専門学校ならびに日本工学院八王子専門学校(共に学校長:千葉 茂、以下日本工学院)を運営する学校法人片柳学園(法人本部:東京都大田区、理事長:片柳 鴻)とオートデスク株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:ルイス・グレスパン)は、建設業界におけるコンピュータを使用した設計手法「ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)」の普及と人材育成を柱とする包括的な協業を行うことでこのほど合意しました。両者はこの協業を通じて、建物の設計から施工、維持管理までBIMを活用できる人材や教員の育成で協力します。

文部科学省では、産学官の連携を通じて社会人や学生の就職、キャリアアップに必要とされる実践的な知識・技術・技能を身につけるための学習システムの構築を目的とした「次世代国内インフラ整備及び建設IT技術における中核的専門人材養成プログラム開発プロジェクト」を推進しています。今回の協業ではこのプロジェクトの認定を受けて両社が教育カリキュラムを共同開発し、2015年4月より日本工学院で提供開始します。(プロジェクトの認定は2012年7月)

現在、建設業界では、五輪開催や国土強靭化政策などにより社会インフラ整備が予定され、特にBIMを含むITスキルを備えた人材の需要が著しく高まることが予想されています。今回の合意では、日本工学院が持つ教育機関としてのノウハウと組織の大きさ、そしてオートデスクが世界各国の設計事務所や建設会社などに提供しているBIMアプリケーションを有機的に組み合せることにより、建設業界で将来的に必要とされるITスキルを備えた人材の育成、輩出を目指します。

主な協業内容
・両者が持つ建設業界ならびにBIM関連技術の教育プログラムに関する知見や経験を生かし、実践的なBIM関連のスキルを備えた人材育成のためのカリキュラムを共同で開発する
・日本工学院は、オートデスクのBIMアプリケーション「Autodesk Revit(R)」などを活用した教育カリキュラムを2015年4月から実施する
・他の専修学校や工業高等学校向けに、BIM関連スキルを備えた教員・講師の育成を支援するセミナーやトレーニングの実施
・建築系企業の社員に対する教育、短期研修などの実施

<参考―オートデスクの教育機関向けライセンス>
オートデスクでは、教育機関向けアプリケーションのライセンスを無償で提供しています。対象は製造、建築・土木、CG アニメーション分野のアプリケーションで、教育機関は、企業の実務で利用されている最新のアプリケーションを、ライセンス費用を気にすることなく授業や自習で利用できるようになります。ライセンスの詳細は下記URLをご参照ください。リンク

以上


学校法人片柳学園/日本工学院専門学校 概要
日本工学院は、ものづくりの町東京・蒲田で技術者養成校として昭和22年に開校。以来67年にわたり、ものづくりからデザイン、IT、エンターテイメント、医療まで幅広い分野での即戦力となる人材育成を行ってきました。現在、7つのカレッジに108の専門分野を持つ国内最大級の総合専門学校として、八王子と蒲田のキャンパスに1万人余りの学生が在籍、これまでに21万人以上の卒業生を輩出しています。

オートデスク株式会社概要
本 社:東京都中央区晴海1-8-10  晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 24F
代表取締役社長:ルイス・グレスパン
設 立:1985年4月1日
資 本 金:1億円
ホームページ:リンク 
豊かな想像力と発想を基に、より良い世界を創り出す ―― オートデスクは、より良い世界を創り出す「デザイン」分野で世界中の人々を支援しています。設計者から、建築家、デジタル・アーティスト、学生、ホビー・ユーザーまで、あらゆる人々が自身の創造力を存分に発揮し、大きな成果を上げられるよう、オートデスクは優れたソフトウェア製品を提供します。

Autodesk、Revitは、米国および/またはその他の国々における、Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。その他のすべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。該当製品およびサービスの提供、機能および価格は、予告なく変更される可能性がありますので予めご了承ください。また、本書には誤植または図表の誤りを含む可能性がありますが、これに対して当社では責任を負いませんので予めご了承ください。
(c) 2014 Autodesk, Inc. All rights reserved.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。