logo

ウルシステムズのWhite-eYe、キャリアデザインセンターのデータ分析基盤に導入

ウルシステムズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:漆原 茂、以下 ウルシステムズ)は、株式会社キャリアデザインセンター(本社:東京都港区、代表取締役社長兼会長:多田弘實:以下CDC)のデータ分析基盤にウルシステムズのクラウド型データウェアハウス「White-eYe®」が導入されたことを発表します。

CDCは、キャリア転職サイト「@type」を中心に、エンジニアや女性・営業など幅広い人材の転職活動を支援しています。企業にとって採用ニーズが一層高まる中、CDCはいち早く企業と転職希望者のニーズをマッチングさせるデータ分析の仕組みの構築に取り組んできました。しかしデータ連携先や扱うデータ量が増えていくにつれメンテナンスの手間と時間がかかるようになり、自社内でのシステム運用にも限界が出てきました。そこでCDCはウルシステムズの基幹業務向けクラウド型データウェアハウス「White-eYe」を導入しました。

「White-eYe」を利用することで、データ連携先が増えても設定だけで簡単にデータを一元管理できるようになりました。アマゾンウェブサービス上のクラウド基盤で提供されるため、初期費用を抑えつつ利用までの期間を大幅に短縮できました。またCDC社内のIT要員だけでデータ連携から分析・運用まで行えるため、社内の多様な分析ニーズにスピーディに答えることができるようになりました。

「White-eYe」が導入された理由は、以下の通りです。
・クラウド型のため初期費用が抑えられる
・データ連携が設定のみで行え、データの一元管理が容易
・短期間でシステム構築でき、拡張性も高い
・社内のIT要員だけで使いこなせる
・重要な基幹業務での実績と運用ノウハウが確立されており、安心して利用できる

株式会社キャリアデザインセンター メディア本部 データ戦略チーム エグゼクティブマーケティングディレクター 四角 彰宏様は、以下のように述べています。
「我々マーケティング部隊にとって、データの有効活用はますます重要性を増してきています。一方で、BIやDMPをはじめとしたマーケティングテクノロジー環境も日々進化しており、それらに対するフレキシブルな基盤整備と運用体制の構築が急務でした。今回の取り組みによってようやくスタート地点に立てたと認識しております。ウルシステムズ様には、今後も我々のよきパートナーとなっていただければと期待しております。」

ウルシステムズは今後も、お客様側を支援する戦略的ITコンサルティングでお客様の事業に貢献してまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。