logo

ノンプログラミングの超高速開発ツール 「Wagby(ワグビィ)」導入サービスを開始

株式会社ジェーエムエーシステムズ 2014年08月26日 13時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014年8月26日

株式会社ジェーエムエーシステムズ

ジェーエムエーシステムズ、ノンプログラミングの超高速開発ツール
「Wagby(ワグビィ)」導入サービスを開始

 株式会社ジェーエムエーシステムズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:丸尾健司 以下JMAS)は、株式会社ジャスミンソフト(本社:沖縄県宜野湾市、代表取締役:贄良則)が提供するノンプログラミング開発ツール「Wagby(ワグビィ)」の販売代理店契約を締結し、同ソフトウェアを用いた超高速システムインテグレーションサービスを開始します。
 WagbyはWeb ベースのエンタープライズアプリケーションをノンプログラミングで超高速に開発するツールです。設計情報から業務ルール、画面、データベーススキーマなど、すべてを自動生成します。
 JMASは既に各種の超高速開発ツール/手法の適用実績を有しており、以下のような課題の解決において十分な効果を確認してまいりました。

(1) 新たな事業や業務に取り組むにあたり、まずは最小限の仕組みで業務運用を定着させたい。
(2) ビジネス機会や既存システム保守切れなどの理由で、とにかく早く新システムを動かしたい。
(3) パッケージソフトウェア導入を検討しているが、よく適合するものが見つからない。
(4) Excel/Accessなどを用いた個人ツールを、最小投資で共有システム化したい。
(5) 設計書もなく、ブラックボックス化したシステムを最適化・再構築し、TCO削減に繋げたい。
(6) ビジネス変化に追従できなくなったレガシーシステムをオープン化/近代化したい。
(7) 最新の超高速開発技術やアジャイル開発手法を吸収し、システム維持サイクルを早めたい。

 上記課題を持つ企業に向けて、JMASは日本能率協会グループのノウハウを凝縮したWagby業務テンプレートを提供し、ビジネスに貢献するIT仕組み作りをご支援します。超高速開発ツールWagbyの魅力を最大化するテンプレート型システム導入により、従来のスクラッチ開発より圧倒的に早く、パッケージソフトウェアより柔軟なシステム導入構築サービスを積極的に展開してまいります。

■Wagbyを活用した、JMASの超高速ITサービス
1.超高速開発時代のITコンサルティング
 ・成長型ITグランドデザイン/ロードマップ策定支援
 ・レガシーシステムのマイグレーション/モダナイゼーション支援
 ・Wagby適用診断、活用指南、超高速システム開発標準の策定支援
2.Wagby販売・導入サービス
 ・Wagbyライセンス販売
 ・Wagbyベースのセミカスタム業務テンプレート提供
 ・Wagby技術サポート
3.超高速システムインテグレーション
 ・Wagbyアプリケーション受託開発、周辺システム連携開発
 ・システムインフラ構築/クラウド活用
 ・システム保守と運用支援

■株式会社ジェーエムエーシステムズについて
設立   :1971年11月1日
資本金  :3億8,150万円
代表者  :丸尾健司
事業内容 :システム受託開発サービス
      ERP/BI等パッケージソフトウェア導入サービス
      システムインフラ構築、クラウド環境活用サービス
      スマートデバイス活用システム構築サービス

■株式会社ジャスミンソフトについて
設立   :2001年3月14日
資本金  :5,000万円
代表者  :贄良則
事業内容 :自動化という発想を活かしたパッケージソフトウェアの提供
      上記パッケージソフトウェアを核とした情報システムの設計・開発
      先進的な技術に関する教育、コンサルティング

※Wagbyは株式会社ジャスミンソフトの登録商標です。その他の商標はそれを所有する企業に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。