logo

タニタ食堂の多店舗化へ向けた人材を育成 「タニタシェフ育成コース」第2期講座を11月に開講

株式会社タニタ 2014年08月21日 11時30分
From 共同通信PRワイヤー

2014年8月21日

株式会社タニタ

タニタ食堂の多店舗化へ向けた人材を育成
「タニタシェフ育成コース」第2期講座を11月に開講
8月21日より受講者の募集をスタート

健康総合企業を標榜する株式会社タニタ(東京都板橋区前野町1-14-2、社長・谷田千里)は、タニタ食堂の出店やメニュー提供が可能な人材を育成する「タニタシェフ育成コース」の第2期講座を11月20日に開講します。これにあたり、8月21日より受講者を募集します。受講期間は2カ月で、カリキュラムは全20単位。受講料は58万円(基本料金、消費税抜き)。受講者は原則5年以上の調理経験があり、調理師または栄養士の資格を有することが前提条件となります。応募締め切りは10月2日。外食・給食事業やディベロッパーなどの法人を対象に最大20人の受け入れを予定しています。

「タニタシェフ育成コース」はタニタ食堂の多店舗化を視野に、食堂独自の調理ノウハウを実習形式で学び、タニタ食堂で提供する31種類の定食メニューの調理法を習得するプログラムです。講師は主にタニタの社員食堂の管理栄養士である荻野菜々子と、丸の内タニタ食堂のチーフである加藤めぐ美が担当。2014年5月に第1期講座を開講、10社12名が受講しました。コース終了後、修了試験に合格した受講者には認定書を授与し、認定後には「タニタ食堂の出店」か「メニュー提供」のいずれかが可能になる2パターンの契約形態を用意しています。

すでに第1期講座を修了した事業者によるタニタ食堂の展開も進んでいます。第1期受講者のアネムホールディングス株式会社(福岡県福岡市中央区1-6-9、社長・肥川正嗣)は8月6日、福岡市・薬院に「福岡薬院タニタ食堂」をオープンしました。これは、「丸の内タニタ食堂」(東京・丸の内)、「NTT東日本関東病院」(東京・五反田)に続く3店目のタニタ食堂となります。今後も、「タニタシェフ育成コース」を修了した認定事業者によるタニタ食堂やタニタ食堂メニュー提供店が全国各地にオープンする予定です。

「丸の内タニタ食堂」は、オープンから2年半が経った今も連日行列ができる人気店となりました。「タニタ食堂で食べてみたい」という声は根強く、地方を中心に出店の要望が高まっています。このような背景から、第1期講座の受講者締め切り後も、タニタには第2期の開講を望む声が多数寄せられていました。タニタでは引き続き開講する第2期講座により、タニタ食堂の多店舗展開により弾みがつくと見ています。「丸の内タニタ食堂」では、「ダイエットができた」「健康管理を意識するようになった」という利用者も多く、本制度を通したタニタ食堂の取り組みは、国が掲げる成長戦略である「健康寿命の延伸」と「医療費の削減」に大きく寄与できると考えています。今後もタニタでは、食堂事業を通して食習慣の改善による日本の健康づくりをサポートしていく方針です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事