logo

パイプドビッツ、製薬・医療機器メーカー向け「透明性ガイドライン情報公開システム」を発表 ~万全のセキュリティで2段階認証の個別開示を実現、運用の手間とコストを最小限に押さえた医療クラウドサービス~


 情報資産プラットフォームを活用したソリューションを提供する株式会社パイプドビッツ(本社 東京都港区、代表取締役社長CEO 佐谷宣昭、証券コード3831、以下「パイプドビッツ」)は、2014年8月18日に、製薬メーカーや医療機器/材料メーカーを対象として、「透明性ガイドライン」の個別開示に2段階認証で対応できる「透明性ガイドライン情報公開システム」を提供開始したので、お知らせいたします。
URL:リンク

■1.「透明性ガイドライン情報公開システム」概要
 
(1)背景:「透明性ガイドライン」とは
 
 「透明性ガイドライン」は、2011年に、日本製薬工業協会(製薬協)や日本ジェネリック製薬協会(JGA)、日本臨床検査薬協会(臨薬協)、日本漢方生薬製剤協会(日漢協)、日本OTC医薬品協会などが策定した「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」、日本医療機器産業連合会(医機連)などが策定した「医療機器業界における医療機関等との透明性ガイドライン」に基づく行動基準です。医療の安全・安心のために、資金提供の情報開示を通して、加盟企業と医療機関との関係の透明性を確保し、高い倫理性を担保した上で企業活動が行われていることについて広く理解を得ることを目的としています。
 
 加盟企業は、2013年度の決算発表後に2012年度分の、A.研究開発費等、B.学術研究助成費、C.原稿執筆料等、D.情報提供関連費、E.その他費用について年間総額等をホームページなどで発表しています。
 さらに、2014年度の決算発表後には、医療関係者やマスコミなどの閲覧希望者からの開示請求に応じて、2013年度分のC.原稿執筆料等の個別の件数や金額を、○○大学(○○病院)○○科○○教授(部長):○○件○○円のように「個別開示」することが予定されています。
 
 個別開示は、医師や研究者の個人名や金銭授受の件数や金額など、センシティブな情報になるため、加盟企業は、閲覧希望者の閲覧申請情報及び開示情報のセキュリティを担保したうえで、閲覧希望者に限った情報開示ができるシステム構築が求められています。
 
 そこでパイプドビッツは、「透明性ガイドライン情報公開システム」を提供開始いたします。

(2)概要
 
 「透明性ガイドライン情報公開システム」は、製薬メーカーや、医療機器メーカー、医療材料メーカーが、今夏にも公開開始する、「透明性ガイドライン」の原稿執筆料等の個別開示を、高セキュアかつ低コスト、短期間で実現する医療クラウドサービスです。
 厳格なセキュリティが求められるメガバンクを含む100以上の金融機関が採用している情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」を用いるため、開示情報や閲覧希望者情報を安全に管理できることに加えて、「透明性ガイドライン」の個別開示に最適化してシステム構築されているため、業務負荷を最小限に抑えつつ短納期で運用開始できます。

(3)主な特長
 
1)個人情報を安全に管理
 個人情報の徹底した管理がますます求められる昨今、「スパイラル(R)」で構築された「透明性ガイドライン情報公開システム」は、インターネット上の脅威に備えるだけでなく、人的リスクを低減する仕組みを用意するなど、万全のセキュリティで情報公開・管理できる環境をご提供いたします。
 閲覧希望者の開示請求やメーカー管理者の承認などWebフォームでの送信はすべて暗号化されるほか、管理者への通知メールの暗号化、閲覧期限の設定、閲覧時はログイン認証のうえで暗号化マイページ上でのみ閲覧許可、自動ログアウト、送信するメールはシステムが自動送信してヒューマンエラーを省くなど、システム上での様々なセキュリティ対策に加えて、メーカー管理者の承認を経て情報開示することで興味本位の閲覧を防ぐなど、運用面でのセキュリティ対策を施しています。
 また、開示PDFデータについて印刷不可やダウンロード不可、キャプチャ不可などのセキュリティオプションも追加可能です。
 
2)スムーズな運用を短納期で実現
 メーカー管理者は、「開示文書の用意」と「閲覧希望者の承認/非承認」の2作業のみで運用でき、手間を最低限に抑えたスムーズな運用を実現します。閲覧希望者の管理や公開文書の管理は、双方とも専用管理画面内で完結します。
 閲覧希望者の開示請求は自動でデータベースに格納され、管理者の承認/非承認の結果は即時に閲覧希望者にメールで通知されるなど、管理者の手間をシステム化により削減します。
 また、「透明性ガイドライン情報公開システム」は、クラウド型で提供されるため、お打合せから仕様確定、システム構築、リリースまで最短10営業日の短納期で運用開始が可能です。
 
3)シンプル設計で低コスト化を実現
 2段階認証が可能な「透明性ガイドライン情報公開システム」は、「透明性ガイドライン」の個別開示に最適化し、必要な機能に絞ったシンプルなシステム設計にすることで、低コストを実現しました。

 今後も「スパイラル(R)」は、ご利用いただくお客様の業務や要望にフィットするクラウドアプリケーションを開発しやすいPaaSとして進化を続けてまいります。


■2.「スパイラル(R)」とは
「スパイラル(R)」は、官公庁、金融、サービス、教育機関など、幅広い業種・業態のお客様にご利用いただいている国内最大規模の情報資産プラットフォームです。販売促進やCRMにおける顧客情報から、給与明細のような従業員情報まで、皆様からお預かりする様々な重要情報資産を安全なプラットフォームで管理しています。
なお、「スパイラル(R)」は、お客様ごとにCO2排出量をお知らせする唯一のASP・PaaS(クラウド)サービスであり、CO2排出量の可視化等の取り組みを通して地球環境保全の啓発にも貢献してまいります。
URL:リンク



■ 「透明性ガイドライン情報公開システム」に関するお問合せ先
株式会社パイプドビッツ
医療・福祉ソリューション事業部 担当:杉山、近藤、渡邉
TEL:03-5575-6601 FAX:03-5575-6677
E-mail :medical-sol@pi-pe.co.jp


■ 本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先
株式会社パイプドビッツ  リンク
経営企画室 広報担当:立花
TEL:03-5575-6601 FAX:03-5575-6677
E-mail : pr@pi-pe.co.jp
※記載された社名や製品名は各社の登録商標または標章です。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事