logo

◎インターラッシュ、iRushHelp「2014年台湾高雄市支援プログラム」を設立

インターラッシュ 2014年08月14日 09時52分
From 共同通信PRワイヤー

◎インターラッシュ、iRushHelp「2014年台湾高雄市支援プログラム」を設立

AsiaNet 57568

【編註】クライアントから提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNは編集していません。

ニュースリリース-即時発表

インターラッシュ、台湾・高雄の大規模ガス爆発事故を受け、
iRushHelp「2014年台湾高雄市支援プログラム」を設立


米国カリフォルニア州アーバイン(2014年8月14日) 2014年7月31日に台湾南部、高雄で発生した大規模なガス爆発事故により、事故現場となった同市では今もなお混乱状況が続いています。この爆発事故は、高雄市民と同市のインフラ基盤に甚大な被害を及ぼし、これまでに少なくとも30人が死亡、数百人が負傷、約8万4000人が事故の影響下で生活を送っています。現地では懸命な復旧活動が展開されており、台湾政府はたゆまぬ支援活動を続けています

今回の事故を受け、インターラッシュ(Interush Inc.)では、高雄市の再建に少しでもお役に立ちたいとの思いから、iRush Help「2014年台湾高雄市支援プログラム」の設立いたしました。

iRushHelp(www.iRushHelp.org )は、甚大な災害や厄災に見舞われた地域に、「Rush to Help」つまり「迅速な支援の手を差し伸べたい」と願う世界中の人々のために立ち上げられたサイトであり、これまでにも大規模な惨事の被災者や被害者を支援するプログラムを実施してきました。

インターラッシュ会長兼CEOマーティ・マシューズは次のようにコメントしています。「現在、台湾の人達は真に支援を必要としています。iRushHelpは、苦難に直面している台湾の人達に温かい手を差し伸べたいと願う方に、その手立てとしてご活用いただけるサイトです。大惨事を経た高雄市民の生活を再建するためにも、多大な被害を受けた方々の現状について、できるだけ多くの方に知っていただくことが大切です。」

義援金は、現在www.iRushHelp.org にて受け付けております。またインターラッシュでは、あたう限りの支援をとの気持ちから、2014年9月30日までにお寄せいただいた義援金合計額と同額を拠出し加算した上で、高雄市役所の社会福祉局に委託いたします。子供、青少年、女性、高齢者に対する支援プログラム、社会保障制度、地域の福祉活動の推進を担当している同局へは、企業、政府組織、宗教団体、著名人などから、8月4日までに約9000件にも及ぶ寄付が届けられています。

なお、2014年9月30日(米国時間)までに義援金をお寄せくださった最初の1000名様に、インターラッシュより感謝の印としてiRushHelp Tシャツを送付させていただきます。

義援金の受付と支援プログラムについての詳細は、こちらをご参照ください:www.iRushHelp.org

インターラッシュについての詳細は、こちらをご参照ください:www.Interush.com 


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。