logo

<海外調査>3回シリーズ 第一弾 ~各国の意識・感覚の違いを解明!~ ハート=ピンク色は日本だけ!色に対するイメージは文化・環境等によって異なる

意識・感覚に関する5カ国調査(色彩感覚篇)

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、日本・シンガポール・ブラジル・ロシア・中国の各国に在住する20~49歳の男女を対象に、「意識・感覚に関する5カ国調査」を実施しました。

報道関係各位

平成26年8月4日
株式会社クロス・マーケティング

-----------------------------------------------------

<海外調査> 3回シリーズ 第三弾
~各国の意識・感覚の違いを解明!~

ハート=ピンク色は日本だけ
ブラジルの「希望」 は 緑、ロシアの「星」 は 赤
色に対するイメージは文化・環境等によって異なる

-意識・感覚に関する5カ国調査(色彩感覚篇)-

-----------------------------------------------------

◆自主調査レポートの続きはこちらへ⇒ リンク

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、日本・シンガポール・ブラジル・ロシア・中国の各国に在住する20~49歳の男女を対象に、「意識・感覚に関する5カ国調査」を実施しました。

■調査背景・目的

日本人は海外の人から「時間や約束を守る」「自己主張が弱い」「礼儀正しい」などといった表現をされることが多いですが、対して他国の人々はどのような特徴を持ち、表現されているのでしょうか。そこで今回は、今話題のBRICsからブラジル・ロシア・中国を、 アジア圏からは日本・シンガポールの5カ国をピックアップし、意識・感覚の違いに関して調査しました。
本調査結果は各国の特徴分析や比較をテーマに、全3回のレポーティングを行います。
第三弾は各国の【色彩感覚】として、「星」「ハート」「希望」「喜び」「怒り」「朝」など各キーワードに対する色のイメージを調査・分析し、   それぞれの違いを明らかにしました。

■調査結果

・【ハート】に対する色のイメージとしては、日本では半数以上がピンクと回答したが、日本以外では圧倒的に赤と回答した人が多い

・【希望】に対する色のイメージとしては、日本は黄色・金と答えた割合が他の国より高い。ブラジルでは緑が半数以上、ロシア・シンガポールでは回答が分散している。この2カ国ではピンクも1割以上の結果に

・【星】に対する色のイメージとしては、日本は黄色、ロシアでは赤が高い。また、日本以外では銀や白も高い

■調査概要

調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査地域  : 日本・中国・ロシア・シンガポール・ブラジル
調査対象  : 20~49歳の男女
調査期間  : 2014年6月12日(木)~6月19日(木)
有効回答数 : 1,500サンプル


【会社概要】
会社名   :株式会社クロス・マーケティング リンク
所在地   :東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
設立     :2003年4月1日
代表者   :代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容 :リサーチ事業

◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当:東海林(しょうじ) TEL : 03-6859-2252  FAX : 03-6859-2275
E-mail : pr-cm@cross-m.co.jp

≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例> 「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事