logo

アシアルが、モバイルアプリ開発プラットフォームのMonacaをリニューアル

〜PhoneGap/Cordova 3.5およびOnsen UI 1.1に対応〜

アシアル株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:田中正裕)は、本日、モバイルアプリ開発プラットフォームMonacaのフレームワークをPhoneGap/Cordova 3.5対応版にリニューアルしました。また、HTML5ベースのUIフレームワークであるOnsenUIの最新版、Onsen UI 1.1への対応も行いました。

PhoneGap / Cordova(以下Cordova)は、HTML5とJavaScriptでクロスプラットフォーム対応のモバイルアプリを開発するためのフレームワークです。これまでMonacaでは、Cordova 2.9ベースのフレームワークを採用しておりました。この度、Cordova 3.5に対応する事によって、Monacaで開発したアプリのパフォーマンス向上、セキュリティ向上やファイルサイズ縮小などが実現されています。

また、併せて、従来HTML5モバイルアプリ開発の課題であったAndroidのバージョン間のフラグメンテーション問題とAndroid Webviewのパフォーマンスを解決するために、下記の機能追加を行っております。

・Android版に新エンジン「Crosswalk」を搭載可能
Intelが主導するプロジェクトである「Crosswalk」をベースとした実行エンジンを組み込む機能を追加いたしました。これにより、アプリの実行速度を高速化するとともに、Androidのバージョン間のフラグメンテーション問題を解決することができます。


・Onsen UI 1.1への対応
Onsen UIはアシアルが開発するWeb ComponentsベースのHTML5モバイルアプリに特化したUIフレームワークです。Onsen UIの最新版であるOnsen UI 1.1では、jQueryなどのメジャーなJavaScriptライブラリーと組み合わせたUI開発ができるようになりました。MonacaユーザーはOnsen UI 1.1を使う事でネイティブ言語で開発したアプリと遜色ないUIをより簡単に実現する事ができるようになります。

Onsen UI 1.1に関しての詳細はこちら
リンク


Monacaについて
リンク

「Monaca」はアシアル株式会社が提供するiOS、Android、Windows 8 に対応したクラウド型のモバイルアプリ開発プラットフォームです。開発者はHTML5を活用しながらワンソースで複数のOS向けのアプリを開発することが できます。開発者はブラウザからMonacaにアクセスするだけで、プログラムコードの作成、デバッグ、およびアプリのビルドまでを一貫して行うことがで きます。これにより、従来のネイティブベースのモバイルアプリ開発手法と比べ、より効率的に開発を行うことができます。

関連情報
http://monaca.mobi/ja
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事