logo

世界スケートボードチャンピオンシップ、10月1~5日に南アフリカで再び開催

World Skateboarding Grand Prix 2014年07月24日 13時10分
From JCN Newswire

2014年キンバリーダイヤモンドカップに70か国以上を招待

SACRAMENTO, CA, July 24, 2014 - ( JCN Newswire ) - World Skateboarding Grand Prix (WSGP)は、10月1~5日に開催される今年の世界スケートボードチャンピオンシップ(KDC)キンバリーダイヤモンドカップに、参加国70か国以上を招待することを、本日発表しました。Kumba Iron Oreの提供するこのイベントでは、全世界から南アフリカのキンバリーに最高のスケートボーダーが集まり、スケートボードの賞金では最高額の$500,000以上と世界チャンピオンの座を競います。

「我々は一年かけて加盟国を増やし、今年は参加選手250人弱という、史上最大規模の国際スケートボード大会を開催する運びとなりました。」と、World Skateboarding Grand Prix会長のTim McFerranは述べました。

KDCチャンピオンシップには、ヴァート競技とストリートスタイル競技が行われます。その会場となる最新式恒久型スケートパークは、チャンピオンシップのために特別に建設され、大会後は地元自治体に寄付され、通年型青年コミュニティセンターとして使用されます。スケートパークは、青少年育成の促進や、次世代のスケートボーダーの養成に利用されます。

「これは我々が数年かけてやってきたことで、国際スポーツ大会は今まで以上に長期的視野と持続性を取り入れるべきだと考えています。」と、McFerranは述べました。「我々はすでに、いくつかの国が有名な大会への入札を辞退したという経験をしています。その理由は、大会が単なる数日間のイベントで、開催後に残るものが無いからです。我々は、2016年リオ大会など、今後のスポーツ大会が、社会的責任を果たし、開催自治体に長期的な利益を生み出すことを信じています。」

WSGPチャンピオンシップは、Mcferranの主導の下、開催国に通年にわたる本物の伝統と持続可能な業界を作り出し、青少年育成と貧困層の支援に焦点を当てることで、スポーツイベントの運営方法を改革します。

WSGPまたはKDCについての情報や、世界スケートボードチャンピオンシップへの参加選手登録については、メール( repmycountry@worldskateboarding.com )でお問い合わせください。

World Skateboarding Grand Prix (WSGP)について

World Skateboarding Grand Prixは、国際スケートボードイベント管理会社です。WSGPは、全世界で世界クラスのスケートボードイベントを主催し、観光を通じた地元経済の活性化や、特に未開発区域や貧困地域でのスケートクリニック、デモ、プロツアーなどを通じた青少年育成支援に力を入れています。2014キンバリーダイヤモンドカップなど、今後のWorld Skateboarding Grand Prixイベントの最新ニュースや詳細は、 www.WorldSkateboarding.com リンク をご覧ください。

メディアお問い合わせ先:
Brendi Rawlin
Lee & London
+1-619-546-7488
brendi@leeandlondon.com

概要:World Skateboarding Grand Prix

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事