logo

プライベートCA Gleas、クレメンテックのJINPROとのID連携を実現

~ 管理・配布業務の効率化を実現 ~

株式会社JCCH ・セキュリティ・ソリューション・システムズ(本社:東京都荒川区、代表取締役:山田公介、以下 JS3 )は、プライベート認証局製品である「プライベート CA Gleas (以下、Gleas )」と株式会社クレメンテック(本社:東京都千代田区、代表取締役 武内 寛)のアカウントプロファイルソリューションである「JINPRO」がID連携を実現したことを発表します。

JINPROは、申請・承認ワークフローエンジンと、プロビジョニングエンジンの2つを合わせ持ち、ユーザによる申請から、承認ワークフローを経て、複数システムへのアカウントの発行・修正・無効化をリアルタイム・非同期に行います。社内アカウントを一元管理し、業務を自動化することで運用者の業務負荷を大幅に軽減させます。部署や役職ごとに、承認ルートやアカウントを発行するシステムを定義でき、兼任などの組織にありがちな要望にも柔軟に答えるアカウントプロファイルソリューションです。

Gleas が、JINPROと連携することにより、通常はGleasの管理画面で実施するアカウントの登録・変更・削除および証明書の発行・失効業務をJINPROに統合することが可能となり、管理業務の軽減を実現します。さらに、Gleasはセキュリティデバイスの管理機能やエンドユーザが電子証明書をインポートすることができるWeb 機能を標準で搭載していますので、JINPRO とセットでご利用いただくことで電子証明書を利用する社員(ユーザ)に対しても、シームレスかつ簡便な電子証明書の配布が可能となりますので、リモートアクセス・無線LANなどのネットワークにおけるセキュアな認証プラットフォームを手軽に構築・運用いただけます。

Gleas は、プライベート認証局の開発・販売から得たノウハウに基づき、さらに高い柔軟性と操作性を実現するために開発された認証局アプライアンスです。ここ数年、Gleas は企業でのリモートアクセスを中心とした認証ソリューションとしての導入が増加しています。その背景には、インターネット、クラウドなどの普及とともに、スマートフォンなどの新たなデバイスの登場により、企業における情報資産管理に関する大きな変化が発生しているものと思われます。このような変化は、大企業を中心として発生していますが、今後は中堅・中小企業からのニーズが徐々に高まっていくと推測されています。Gleas の企業の管理者業務の効率化を目的とした機能および他製品との関連ソリューションは、お客様からのニーズに基づき開発・搭載したことで高い評価をいただいています。

JS3 は、製品・販売パートナー企業との連携により、3 年間で約 20社の販売を目指します。



◆株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズについて
株式会社 JCCH ・セキュリティ・ソリューション・システムズは、PKI(公開鍵暗号基盤)を利用した製品開発・販売企業です。自社開発のプライベートCA Gleasを中心に、USBトークンやスマートカードなどの認証デバイスと組み合わせたビジネスを積極的に展開しています。
Gleasでは、お客さま自らが証明書の発行要求やダウンロードなどの管理業務を実施できるユーザ申込画面を新たに追加するなど、ユーザ登録業務を簡略化することにより、中小規模から 10万ユーザを超える大規模なお客さまの環境においても、ご利用可能となります。

◆株式会社 クレメンテックについて
株式会社クレメンテックは、お客様の最大利益を創出し、インターネット・モバイル・放送・新聞・雑誌・看板・家電など、従来、メディアとして障壁があったサービスを融合し、周辺業務を含めたトータルサービスを提供しております。お客様にとって、より「寛容」で「有益」なITシステムを最新テクノロジーの活用により実現していきます。

◆本件に関する問い合せ先
〔株式会社JCCH・セキュリティ・ソリューション・システムズ〕
〒116-0014 東京都荒川区東日暮里 5-52-2 神谷ビル 7F
E-Mail:sales@jcch-sss.com
TEL:03-5615-1020
FAX:03-5604-1563

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。