logo

アシアルと米KidoZen社、エンタープライズ向けモバイルアプリ開発基盤分野で業務提携

〜業務用アプリ開発・運用を行うための統合プラットフォームをクラウド提供〜

アシアル株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:田中正裕)は、エンタープライズ向けモバイルアプリ開発のバックエンドサービスを提供する米KidoZen(本社:フロリダ州、CEO:JESÚS RODRIGUEZ)と共同でエンタープライズ向けモバイルアプリ基盤をクラウドサービスとして2014年9月より提供開始する事を本日発表しました。

スマートフォンやタブレットの普及に伴い、業務システムにおいてもモバイルアプリを活用するケースが急増しています。一方で、企業がモバイルアプリを開発、運用する際のには高度なセキュリティ対策やERP、CRMなどの既存システムとの接続や、従業員向けのアプリ配信の仕組みなども必要となり、B2Cアプリに比較してアプリ自体の開発以外に検討すべき事が多岐にわたります。

アシアルはこれまで、HTML5モバイルアプリ開発ツールMonacaを200社、5万人以上の開発者に提供をし、2,000を超える公開アプリを生み出してきました。このたびエンタープライズ向けモバイルアプリ開発のバックエンドサービスを提供する米KidoZenと提携を行う事によって、

MonacaとKidoZenの連携ソリューションでは、業務アプリを安全に効率的に開発、運用するため下記の機能がクラウドサービスとして提供されます。これまで主流であったMEAP(Mobile Enterprise Application Platform)に比較して、より安価により短期間に導入を行う事が可能です。

・クロスプラットフォーム開発機能
HTML5ハイブリッドアプリを効率的に開発するための開発ツール群を提供します。IDEやデバッグツール、ソースコードの暗号化機能等が含まれます。

・業務アプリ向けモバイルバックエンド機能
業務アプリを開発する際に必要となる各種サーバサイドの機能を提供します。ユーザー認証、プッシュ通知、セキュアデータベース機能などが含まれます。

・SaaS/クラウドコネクター
SaaS型のエンタープライズソリューションやWebシステムとのアプリの連携を容易にするコネクターを提供します。例えば、SalesForce.com、Google API、REST API等との接続機能があります。

・社内システム連携コネクター
ERP等の社内システムとの連携を容易にするコネクターを提供します。連携先としては、SAP、Oracle、Active Directory等が含まれます。

・プライベートアプリストア
従業員向けにアプリを配信、管理をするためのアプリストア機能を提供します。

本ソリューションは、2014年9月より正式に提供開始予定です。

用語解説

<KidoZenについて>
リンク
KidoZen社は2011年に米フロリダ州にて設立されました。エンタープライズ・モバイルにおける大きな課題である、データ運用時のセキュリティとア プリ配信を解決する「KidoZenプラットフォーム」を提供しています。米トヨタやシェル、ファイザーなど導入企業は100社を超え、データ管理のし易さと運用効率の高さから、高い評価を受けています。

<Monacaについて>
リンク
「Monaca」はアシアル株式会社が提供するiOS、Android、Windows 8 に対応したクラウド型のモバイルアプリ開発プラットフォームです。開発者はHTML5を活用しながらワンソースで複数のOS向けのアプリを開発することができます。開発者はブラウザからMonacaにアクセスするだけで、プログラムコードの作成、デバッグ、およびアプリのビルドまでを一貫して行うことができます。これにより、従来のネイティブベースのモバイルアプリ開発手法と比べ、より効率的に開発を行うことができます。

<アシアルについて>
アシアルはサーバサイドWeb、スマートフォン、HTML5技術を中心とした技術支援、開発受託、サービス運営を行うテクノロジーベンチャーです。モバイルアプリ開発プラットフォーム「Monaca」の開発及びサービス提供を行なっています。
Webサイト:リンク

関連情報
http://monaca.mobi/ja
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。