logo

ファイルメーカー、『FileMaker Training Series: 応用編』の提供と日本語でのFileMaker 13認定資格試験を開始

【報道発表資料】
2014 年 7 月 15 日

ファイルメーカー、『FileMaker Training Series: 応用編』の提供と
日本語でのFileMaker 13認定資格試験を開始
技術・知識のレベルアップを目指す中上級ユーザーのFileMaker開発技術者を支援

ファイルメーカー株式会社(東京都港区六本木)は本日、最新バージョンFileMaker 13プラットフォームに対応した公式テキスト『FileMaker Training Series: 応用編』 リンク (以下、FTS: 応用編)の日本語版の販売を開始すると発表しました。『FTS: 応用編』は、iPad、iPhone、Windows、Mac、およびWeb上で動作するFileMakerソリューションを作成する開発者を支援する自習型トレーニング教材として、主に中級から上級の FileMaker 開発者を対象に、開発の手順と技術について詳細に解説するものです。

今回の『FTS: 応用編』は、最新バージョン向けに全面的に再構成されただけでなく、さらに使いやすい内容に改訂されています。iPadやiPhone上のFileMaker Goで使用するiOSソリューションや、新機能のFileMaker WebDirectを利用してWebブラウザで動作するWebソリューションを開発するためのヒントも盛り込まれています。また、インターフェース設計に焦点を当てたモジュールを完備しているほか、FileMaker 13の新機能(たとえば、スタイルとテーマ、新しいスクリプト、オブジェクトフィールドの強化機能、データベース暗号化など)を最も効果的に活用するための秘訣やコツも追加されています。

『FTS: 応用編』は、下記9つのトレーニングモジュールから構成されており、56のレッスンが含まれます。ステップごとに解説された詳細なテキストのほか、デモファイル、練習およびビデオが付属しています。

モジュール 1: はじめに
モジュール 2: データ
モジュール 3: インターフェース
モジュール 4: ソリューション論理: 計算式
モジュール 5: ソリューション論理: スクリプト
モジュール 6: レポートの作成
モジュール 7: セキュリティ
モジュール 8: 展開
モジュール 9: 統合

さらに、この『FTS: 応用編』の発売に合わせて、FileMakerソフトウェア製品とFTSをバンドルした製品の販売も開始します。このバンドル製品は、FileMaker Pro 13ならびにFileMaker Pro 13 Advanced の通常パッケージ製品の単体と同じ価格で、FileMaker Proには『FTS: 基礎編』が、FileMaker Pro Advancedには『FTS: 応用編』がバンドルされている大変お得な製品構成になっています。


価格
-『FTS: 応用編』書籍版(日本語冊子にDVDが付属):4,000円
-『FTS: 応用編』ダウンロード版(PDF形式):2,000円*
-FileMaker Pro 13 +『FTS: 基礎編』バンドル:38,000円
-FileMaker Pro 13 Advanced +『FTS: 応用編』バンドル:63,000円
上記価格はすべて税別の希望小売価格です。FileMaker Store リンク 、ソフトウェア販売店など全国のFileMaker製品取扱店 リンク でご購入いただけます。
*ダウンロード版はFileMaker Storeでのみ販売されます。

『FTS: 応用編』は、FileMaker 13資格認定の取得を目指す開発者にとっても最適な学習教材として役立ちます。FileMaker 13資格認定は、本日よりプロメトリック社のWebサイト リンク にて試験予約の受付が開始されました。受験料金は17,000円(税別)です。

FileMaker資格認定は、iPad、iPhone、Mac、WindowsおよびWeb向けのプロフェッショナルな FileMaker ソリューションを開発するための重要な資格で、FileMaker, Inc. による正式な資格証明となります。FileMaker 13 資格認定を取得した開発技術者は、業界全体にわたってビジネスとキャリアの将来性を広げることができます。認定開発技術者は、認定証の授与に加え、名刺や Web サイト、マーケティング資料などに、FileMaker 資格認定ロゴを掲載することができます。

『FTS: 応用編』のほか、ファイルメーカー社は技術習得に役立つさまざまなリソースを提供しており、今秋に開催される FileMaker カンファレンス 2014 リンク もその 1 つです。日本全国から FileMaker の開発パートナーやインハウスの開発技術者、トレーナー、エンドユーザーが集まる日本最大規模のFileMaker総合イベントで、技術情報やビジネス導入事例などを紹介する数多くのセッションのほか、トレーニングセッションも予定されています。


参考資料:
FileMakerソフトウェアを利用して、iPad、iPhone、Windows、Mac、Web向けの素晴らしいビジネスソリューションを素早く、しかも高い費用効率で開発できる理由を知るために、以下のリソースをご利用ください。

-FileMaker 13プラットフォームおよびiOSソリューションの概要ビデオ
リンク

-FileMakerソリューションの作成に役立つツールや資料が見つかるFileMaker Pro 13リソースセンター
リンク

-幅広い業種の企業や組織における実際のFileMaker導入事例を紹介する事例ビデオやカスタマ・ストーリー記事 リンク

-さまざまな技術情報を入手できる開発技術者向けの無料プログラムFileMaker TechNet
リンク

-FileMaker製品に関する技術知識やビジネス導入事例などの情報を知ることができるさまざまなイベント リンク – Webセミナー、ワークショップ、ビジネスセミナー、iOSハンズオンセミナー、開発技術者養成講座


【ファイルメーカー社について】
ファイルメーカー社は、iPad、iPhone、Windows、Mac、Webに対応したカスタム・ビジネスソリューションを簡単に作成するための革新的なソフトウェアを提供しています。個人から世界最大の組織まで、世界中で何百万もの人々がビジネスプロセスを合理化するためにFileMakerプラットフォームを使って情報を管理し、全体的な生産性を向上させています。米国本社のFileMaker, Inc.はApple Inc.の子会社です。日本法人のファイルメーカー株式会社はFileMaker, Inc.の子会社です。

# # #

【 この件に関する報道関係の方のお問い合わせ先 】
FileMaker Press Information 担当
Tel.: 03 - 5445-1281 Fax.: 03 - 5427-7322
E-mail: filemaker_japan_pr@filemaker.com
読者からの資料請求への対応が必要な場合には、「FileMaker Press Information」までご連絡ください。

【 この件に関する報道関係者以外の一般の方のための情報提供/お問い合わせ先 】
FileMaker カスタマサポート
TEL : 0120 - 983 - 850 FAX : 03-5977-7213
受付時間 : 9:00 - 12:00 / 13:00 - 17:30(祝祭日を除く月曜日から金曜日)

(c) 2014 FileMaker, Inc. All rights reserved. FileMaker、FileMaker Goおよびファイルメーカーは米国及びその他の国々で登録されたFileMaker, Inc.の商標です。ファイルフォルダロゴは、FileMaker, Inc.の商標です。その他記載された会社名及びロゴ、製品名などは、該当する各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。