logo

FIDO対応指紋認証製品展開を本格化

株式会社テクノグローバル 2014年07月14日 13時54分
From 共同通信PRワイヤー

2014年7月14日

株式会社テクノグローバル

テクノグローバル、FIDO対応製品の開発販売でシービーエージャパンと業務提携

株式会社テクノグローバル(本社:東京都中央区、代表者:柏原武利)は株式会社シービーエージャパン(本社:東京都中央区、代表者:國枝博昭)と、製造販売について全面提携を締結した。FIDO対応の製品をシービーエージャパンが開発製造し、テクノグローバルが販売する。

シービーエージャパンは、東京工業大学の國枝博昭教授が代表を務める指紋認証開発企業で、中国のビーエルシーチャイナ社(瀋陽)との共同開発などですでに中国の大手銀行に指紋セキュリティシステム納入等数々の実績をあげている。

テクノグローバルはこのシービーエージャパンとの提携を機に、国内はもとより中国本土をはじめとする東アジア、欧州、米国における独自のチャンネルで大規模な販売を展開するため、同日付で生体認証関連およびセキュリティ関連の販売サポート経験者の人員募集を開始した(問合先 : sales@techno-global.net)。


■シービーエージャパンについて
株式会社シービーエージャパン(リンク)は、2002年7月設立。東京工業大学のベンチャー企業で、Android (アンドロイド) スマートフォンに最適な指紋認証ソリューション「FreeFinger (フリーフィンガー)」を開発。欧米をはじめ中国の携帯電話大手や電子機器の大手企業と提携。事業目標は、指紋認証技術が信頼性の高い個人認証技術としてサイバー社会の安全と責任を支える基礎技術になるための研究・開発・商品化。独自の指紋認技術を製品化して提供すると共に、市場ニーズに適応したソリューションを開拓している。

■テクノグローバルについて
株式会社テクノグローバル(リンク)は、東京に本社を置く指紋認証 プロバイダー。1995 年に事業を開始して以来、一貫して日本の指紋認証分野でリーダーシップ をとり続けており、指紋関連システムの高度な製造と販売、認証システムの開発とコンサルテー ション事業を展開。中国圏だけでなく、欧米市場をはじめとするグローバルな事業展開を目指す。

■FIDOアライアンスについて
FIDOアライアンスは、2012年7月に設立された生体認証をはじめとしたオンラインにおける安全な認証の世界標準の提唱と啓蒙を行う非営利の標準化団体。認証サービスやセキュリティ・デバイスの互換性の問題、Web上での複数のID・パスワードの使い回しによる問題などに対応するため、パスワードに替わる新しいブラウザ・プラグインやセキュリティ・デバイスの標準化を目指している。マイクロソフト、グーグル、サムスン、レノボ、VISA、MASTER、バンクオブアメリカなどが加盟。シービーエージャパンとテクノグローバルは数少ない日本からの加盟メンバーである。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。