logo

PHPコラム 『関数仕様編 その3』

コラム「PHPer上級者になるために知っておきたいこと」

ヒューマンリソシア株式会社はPHP技術者認定機構の上級試験を題材とした古庄親方の コラム「PHPer上級者になるために知っておきたいこと」のvol.38 ‐ 『関数仕様編 その3』を公開しました。

###

引数関連最後の話題は「参照渡し」について、でございます。
ちなみに現在、PHPのマニュアルでは「リファレンス渡し」と書いてありますので、
出来るだけそちらの翻訳にあわせていきます。
まずは簡単に「リファレンス渡し」そのものについて説明をした後、
そこにまつわる諸々を少し、確認していきたいと思います。

ごく簡単なコードからゆっくりと「リファレンス渡し」について紐解いていきましょう。

function hoge($i) {
$i += 10;
}
//
$i = 1;
hoge($i);
var_dump($i);

このプログラムで、var_dumpの結果が「int(1)」であるのはよろしいかと思います。
引数で渡した値を変更しても、元の変数には関わりが出てこないので。
んでもって、リファレンス渡しにすると、このように変わります。

(この続きはこちらから)
リンク

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。