logo

「子どもにとって本当に必要なこととは何か」 (6月21日) ~「ふらっと文京」が現場保育者対象に公開研究会を開催~

文京学院大学 2014年05月28日 10時08分
From Digital PR Platform


文京学院大学では、0~2歳児を対象とした子育て支援施設「保育実践研究センター ふらっと文京」を運営しており、人間学部 児童発達学科教員の指導のもと、同学科生の実習の場としての役割も担っています。

同センターでは、6月21日(土)、ふじみ野キャンパスにて現場保育者と学生対象に公開研究会を開催し、同センターの森下葉子助教の司会のもと、「子どもの最善の利益と保護者対応」と題し講演会を行います。当日は参加者によるグループディスカッションのほか質疑応答や情報交換を行います。

≪講師≫
文京学院大学人間学部児童発達学科 助教・森下葉子。「保育内容(言葉/生活の理解と援助)」、「保育臨床特講」、「保育実習」、「情報機器の操作」を担当。育児を通しての親の成長や子育て支援を研究。共著に『事例で学ぶ保育内容 領域人間関係』(萌文書林)、『父親の心理学』(北大路書房)など


<本件に関するお問い合わせ先>
文京学院大学(学校法人文京学園 法人事務局総合企画室)
担当:三橋 / 山口
部署番号: 03-5684-4713

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]