logo

◎ジンコソーラーJinko Solar  “Eagle+”シリーズ275ワットモジュールリリース

ジンコソーラー 2014年05月23日 18時00分
From 共同通信PRワイヤー

◎ジンコソーラーJinko Solar  “Eagle+”シリーズ275ワットモジュールリリース

AsiaNet 56844

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

ジンコソーラーJinko Solar
“Eagle+”シリーズ275ワットモジュールリリース

上海2014年5月22日-世界トップクラスのPV企業ジンコソーラー(Jinko Solar)社(NYSE:JKS)は2014年5月21日、上海で開催するSNEC展示会に“Eagle+”太陽光モジュールを発表した。このシリーズはジンコソーラー社が2013年1月に発表した世界初デュアル85(温度85℃、相対湿度85%)条件の下でPIDフリー(電位差誘発減衰)認証の“Eagle”モジュールのアップデート版である。“Eagle+”の60枚多結晶シリコンは最高出力が275ワットに達成でき、市場同類量産化製品中で効率が一番高い。

ジンコソーラー社“Eagle+”シリーズモジュールは新しいセル製造技術とモジュールパッケージングプロセスを採用し、デュアル85(温度85℃、相対湿度85%)条件下でのPIDフリー性能が現時点で国際電工委員会(IEC)標準の10倍である。 “Eagle+”シリーズモジュールの新しい技術と材料はモジュールの長期使用より現れるスネイルトレイル(snail trail)と黄変の可能性を約0%まで抑えられており、業界モジュール性能と信頼性の更なる高い基準を確立した。

ジンコソーラー社の最高経営責任者(CEO)である陳氏は「技術革新で業界に大きな変化をもたらした。PV業界のリーダー企業として、ジンコソーラーは常に技術の最先端にいて、市場に求められる製品を提供することに焦点している。ジンコソーラー社はこれからも一貫としてPV業界に世界トップクラスの太陽光技術と最高の製品品質を提供する事を心掛けていく」と述べた。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]