logo

◎Milestone SystemsがXProtect 2014をリリース

Milestone Systems 2014年05月23日 17時23分
From 共同通信PRワイヤー

◎Milestone SystemsがXProtect 2014をリリース

AsiaNet 56834
共同JBN 0568 (2014.5.23)

【コペンハーゲン(デンマーク)2014年5月23日PRN=共同JBN】Milestoneビデオ管理ソフトウエアの新機能は次世代のインテグレーション、アクセスコントロールの相互運用性、最適化されたユーザー体験を実現する。

オープンプラットフォーム型IPビデオ管理ソフトウエア(VMS)企業Milestone Systems(マイルストーン・システムズ)は、パートナーと顧客向けにMilestone XProtect 2014 VMS製品スイートのリリースを発表した。

(Logo: リンク

XProtect 2014製品スイートは、設備の規模、複雑さ、場所に関係なくセキュリティー市場全体に提供される。Milestone XProtectの顧客は最適化され、アップデートされて最新のXProtect 2014の機能を活用できる。

Milestone XProtect 2014ソフトウエアの全種類は7月17日から19日ロンドンで開催されるIFSEC International 2014のMilestoneブースE800で実演される。

XProtect 2014はMilestoneの顧客およびMilestoneのパートナー・エコシステムにとって新しいメリット(注)を提供する。

▽新しいスマート・インテグレーション機能
Milestoneアドオン製品XProtect(登録商標)Access Control Module 2014は顧客の既存設備内で、さまざまなアクセスコントロール・システムのインテグレーションを可能にする。XProtect(登録商標)Smart Clientは、効果的にアクセスイベントを監視し、パッセージを手動でアシストし、特定のアクセスポイントないしはカードホルダーの調査を行う専用機能によって、統合されたアクセスコントロール・システムを稼働させるための統合インターフェースを提供する。

▽メタデータを使ったインテリジェントなビデオハンドリング
Milestoneは、XProtect(登録商標)Corporate 2014とXProtect(登録商標)Expert2014を含む一連の高度なXProtect VMS製品向けにビデオ関連メタデータを処理、保存するためのONVIF(Open Network Video Interface Forum)に準拠するフレームワークを導入した。メタデータはビデオ、オーディオストリームに情報レイヤーを付加するデータである。メタデータ・フレームワークによって、高度なインテグレーションが実現、インテグレーターはメタデータを使ってあらゆるタイプのITシステムと接続でき、Milestone Manufacturer Alliance Partnerはこのメタデータ・インテグレーションを使って内蔵された分析機能でカメラを操作することができる。

▽より効率的な証拠対応ワークフロー
XProtect 2014のビデオ対応はユーザー体験を能率的にする以下の新機能によって強化されている。
*Smart Search機能は、レコーディング・サーバーのモーション検知分析で生成されたモーション・メタデータを活用する。この生成メタデータによる検索で、カメラの視界に入る特定範囲の中のモーション・シーケンスを素早くかつ正確に見つけ出すことが可能で、調査に必要な時間を短縮できる。

*Evidence LockはXProtect 2014 VMSの新機能の1つで、選択したビデオ・シーケンスの保存期間を設定された保存期間規定よりも延長することによって、調査のためにビデオ・レコーディングの利用を可能にする。

*ストーリーボード機能はイベントのシーケンスを記録することによってビデオを証拠として利用できるようにする。複数のカメラのビデオ・シーケンスをつなぎ合わせて順序を構造化することで、追跡対象を論理的で客観的に、かつ直接レビューすることが容易になる。

▽拡張されたシステム・セキュリティー
XProtectの新しいセキュリティー機能は、責任レベルに応じたアクセス機能を管理スタッフに付与できるように、アクセス権管理者権限が階層化されている。2段階認証は、2人目のユーザーが承認した際に限りログインないしはアクセスが許可されるというシステム・セキュリティーの追加レベルのオプションを提供する。

▽パートナー、エンドユーザーにとって使い勝手のよい機能
XProtect 2014 VMSの使い勝手のよい新機能はMilestoneパートナーとエンドユーザーを対象とし、Milestoneソリューションを使って仕事をする際に容易で最適化された体験を実現する。例えば、製品のアップグレード・プロセスが強化され、システム・メンテナンスに費やす時間を短縮できる。

エンドユーザーは、すべての設備の設置場所を一覧できるXProtect(登録商標)EssentialとXProtect(登録商標)Expressの新しい双方向マップ機能から恩恵を受ける。ツールチップとカスタム化の方法はXProtect Smart Clientに付加され、エンドユーザー・トレーニングの必要性を軽減する。

Milestone MobileのGPSメタデータを備えるVideo Push機能によって、第一応答者や警備担当者は固定カメラによる監視ではなく、インシデントをビデオ撮影するためのモバイルカメラとしてスマートフォンを利用できる。ビデオストリームと連携するGPSメタデータはスマートフォンからXProtect VMSシステムに転送される。さらに注目すべきものとして、Milestone Customer Dashboardがある。これはオンライン・システム監視サービスで、Milestoneリセラーが顧客設備の状況をリアルタイムで取得することを可能にする。これは顧客体験を改善する革新的な警報およびサービスを可能にする。

Milestone Systemsのヤンネ・ヤコブセン副社長(Professional Products事業部門担当)は「2014年にアップデートされたMilestone XProtect VMSスイートは、さまざまな市場セグメントと顧客ニーズに最適化されたソリューションを提供するという当社の取り組みの成果である。2014年版のXProtect Professional VMS製品スイートは小規模から中規模の設備で、当社製品を展開、利用する際のあらゆるステップを簡略化することに注力されている。その目標は、インストールや拡張の際にコスト効率にも優れた使い勝手のよいビデオ・ソリューションを求める顧客の要望に応えるソリューションを提供することである」と語った。

Milestone Systemsのビョルン・アイレットセン副社長(Corporate Product事業部門担当)は「2014年版のリリースと、それが当社の顧客とパートナーに提供する可能性について大いに期待している。証拠取り扱いのワークフローに適用された大幅な強化を見れば、Evidence Lockと最新のストーリーボード機能を組み合わせた新しいSmart Search機能は証拠物件を提出する時間を大幅短縮できることが分かる。新しいセキュリティー機能を付加したことで、大規模で高度なセキュリティー設備にとって当社の高度なVMS製品がさらに魅力的なものになる。しかし、これは実体の半分にしかすぎない」と語った。

同氏はまた「当社は、メタデータのONVIF準拠対応と、当社の最新XProtect Access Control Moduleをアクセスコントロール・システムに一体化したフレームワークを導入することによって、オープンプラットフォームを全く新しい水準までに引き上げた。このイニシアチブによって、当社のパートナー・エコシステムは新たなソリューションを開発するとともに、当社の顧客ニーズを満たすことができる」と語った。

Milestone XProtect 2014製品スイートはMilestoneパートナー・ネットワークを通じて入手できる。

以下の写真のダウンロードを。
ヤンネ・ヤコブセン副社長とビョルン・アイレットセン副社長
XProtect 2014 概観グラフィックスとMilestoneロゴ
YouTube: XProtect 2014の発表ビデオ

(注)機能はXProtectの特定バージョンに限定されている可能性があり、必ずしもすべてのデバイスが全機能をサポートしていないことに留意してもらいたい。詳細はウェブサイトリンクを参照。

▽Milestone Systems(マイルストーン・システムズ)について
1998年に設立されたMilestone Systemsは、IHS Inc.(旧IMS Research)によると、オープンプラットフォーム型のIPビデオ管理ソフトウエアのグローバルな業界リーダーである。Milestoneの技術は管理が容易で信頼性があり、世界中の多数の顧客の設備にインストールされた実績がある強力な監視を提供する。Milestoneはネットワーク・ハードウエアおよび他のシステムとの統合で柔軟な選択肢をサポートし、「ビデオ対応」の組織がリスクを管理し、人々と資産を守り、処理を最適化し、コストを軽減するクラス最高のソリューションを提供している。Milestoneのソフトウエアは公式パートナーを通じて販売されている。詳細はウェブサイトリンクを参照。

ソース:Milestone Systems

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]