logo

高校生のスマートフォン所有率82.2%、3年間で5.5倍に!約6割がスマホで勉強=「スマ勉」がトレンドに。

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2014年05月23日 12時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 冨塚 優)が運営する、高等教育機関、高校生、進路選択に関する各種調査や社外に向けての情報発信を行う、リクルート進学総研(所長:小林 浩)は、全国の高校生1400人に対して、WEB利用に関する調査を実施いたしました。この度調査結果がまとまりましたので、一部をご報告いたします。


▼『高校生価値意識調査2014(WEB利用について)』結果はこちらから 
リンク

――――――――――――――――――――
高校生のスマートフォンの利用について
――――――――――――――――――――

■スマートフォン所有率は82.2%、3年間で5.5倍に。

・82.2%の高校生がスマートフォンを所有しています。

・所有率は2011年調査の5.5倍(2011年14.9%→2012年39.0%→2013年
55.0%→2014年82.2%)となり、大多数の高校生がスマートフォンを所有する結果となりました。

・機種別では、「iPhone」(43.9%)の所有率の伸び率が高く、前回調査(2013年)の約1.7倍となりました。
所有率は「iPhone以外」(45.6%)、「iPhone」(43.9%)となっており、「iPhone以外」がやや上回っています。

・スマートフォンに加え、タブレット型パソコンも所有率が増加しています。
一方、デスクトップ型パソコン、携帯電話は減少しました。
 
・高校所在地エリア別にみると、全てのエリアで携帯電話の所有率がスマートフォン所有率を上回っています。
(前回調査(2013年)では北海道、東北、北関東・甲信越、中国・四国エリアでは、携帯電話の所有率がスマートフォン所有率を上回っていました。)


■高校生の約6割がスマートフォンで勉強=「スマ勉」を実施。

・スマートフォンの利用目的として「アプリの利用」「調べもの・情報収集」「コミュニティサイトへの参加」「動画を見る」「メール」が8割を超えており、幅広い使われ方をしています。

・スマートフォンで勉強をしている高校生も約6割に上り、「他エンタメ系(ゲーム・占いなど)」の利用を上回りました。

・スマートフォンの利用頻度を前回調査(2013年)と比較すると、スマートフォンの利用目的は「電話」「メール」が減少し、「コミュニティサイトへの参加」などが増加し、コミュニティサイトなどを頻繁に利用していることがわかります。


■92.6%の高校生がアプリを利用しており、前回調査(2013年)の2.6倍に増加。

・スマートフォンでのアプリの利用率は92.6%。前回調査(2013年)の2.6倍(2013年35.5%→2014年92.6%)となりました。

・アプリのインストール数は平均32.2個。前回調査(2013年)の27.1個より増加しました。

・利用アプリの種類は、「SNS」が9割を超えてトップ。次いで「動画系」「ゲーム」が7割を超えます。
男女別にみると、男子は「ゲーム」「ニュース・まとめサイト」の利用率が高く、女子は「写真(加工)系」が高い結果となっています。

・ほぼ毎日利用しているアプリでは、トップは「SNS」が76%で変わらないが、次いで「ゲーム」「無料通話」が3割を超えます。


――――――――――――――――――――
高校生のメディア利用について
――――――――――――――――――――

■スマートフォンを1日4時間以上利用している高校生は7人に1人。2011年調査から増加しています。

・スマートフォンのインターネットを一日4時間以上利用しているのは14.3%と7人に1人。
2011年調査と比較すると、増加しています。(2011年9.4%→2012年10.8%→2013年11.9%→2014年14.3%)


▼『高校生価値意識調査2014(WEB利用について)』結果はこちらから
リンク 


<調査概要>

■調査名:高校生のWEB利用状況の実態把握調査 
■調査目的:スマートフォンなどの新デバイスの利用状況や、SNSに代表される
新しいWEBサービスの利用状況を把握する
■調査期間:2014年4月4日(金)~4月8日(火)
■調査方法:インターネット調査
■調査対象:全国の高校生 
■集計対象数:1,438人

※出版・印刷物へデータを転載する際には、
“「高校生価値意識調査2014(WEB利用について) 」リクルート進学総研調べ”と明記ください。


▼『高校生価値意識調査2014(WEB利用について)』結果はこちらから
リンク

◆リクルート進学総研とは
リクルート進学総研は、『高等教育機関の経営層向けの専門誌の企画制作』、『高校の先生を読者対象とする進路指導・キャリア教育の専門誌の企画制作』、『高等教育機関、高校生、進路選択に関する各種調査や社外に向けての情報発信』を行っています。

▼リクルート進学総研
リンク

▼最近の調査報告書
リンク

▼『リクナビ進学』
リンク

▼『受験サプリ』
リンク

▼株式会社リクルートマーケティングパートナーズについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]