logo

受信したFAXをWebブラウザで閲覧管理できるFAXサーバーソフトを発売

メガソフト株式会社は、業務システムと連携でき、 WebブラウザからFAXの送受信および閲覧管理が可能なFAXサーバーソフト「STARFAX Server SDK WebKit」を5月14日より発売いたします。

メガソフト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:井町良明)は、最大16のFAX回線で業務システムと連携でき、 WebブラウザからFAXの送受信および閲覧管理が可能なFAXサーバーソフト「STARFAX Server SDK WebKit」(スターファクス サーバーエスディーケー・ウェブキット)を5月14日より発売いたします。
※既に発売中のSTARFAX Server SDKをご利用中の方向けに、WebKit単体も同日より発売開始いたします。

■受信FAXの閲覧・既読確認・対応状況などをWebブラウザで管理できる

「STARFAX Server SDK」は、最大16回線に対応し、受発注管理や帳票管理などの業務システムと連携できるFAXサーバーソフトとして企業を中心に幅広く導入されています。

今回発売する「STARFAX Server SDK WebKit」は、これまでのFAXサーバー機能に併せて、Internet ExplorerなどのWebブラウザでFAX書類の送受信、受信FAXの管理ができるユーザーインターフェイスを追加で提供します。

 ◆本リリースの詳細はこちらをご覧ください。
  └ リンク


 ◇ 取材、お問合わせ先
   └ メガソフト株式会社 広報担当/西脇・川田・田辺
     press@megasoft.co.jp
     TEL:06-6147-2780 FAX:06-6131-5081
     〒530-0015 大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル11階

このプレスリリースの付帯情報

受信FAXの閲覧・既読確認・対応状況などをWebブラウザで管理できる

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]