logo

ExchangeWire、プログラマテックな広告取引市場のトレンドがわかる専門カンファレンス「ATS Tokyo 2014」開催

ExchangeWire 2014年05月14日 12時00分
From ValuePress!

プログラマテックな広告テクノロジー情報の専門メディアExchangeWire (エクスチェンジワイヤー、本社:英国ロンドン)は、「ATS (Ad Technology Summit) Tokyo 2014」を2014年9月16日(火)に日本で初開催します。

********************************************************************************************************************************************
グローバルな専門家が集結。プログラマテックな広告取引市場のトレンドがわかる専門カンファレンス「ATS Tokyo 2014」開催!
〜The Trade Desk、LiveRail等、日本未参入ベンダーも登壇。日本にいながら世界の潮流の理解、ネットワーキングができる〜
リンク
********************************************************************************************************************************************

プログラマテックな広告テクノロジー情報の専門メディアExchangeWire (エクスチェンジワイヤー、本社:英国ロンドン)は、「ATS (Ad Technology Summit) Tokyo 2014」を2014年9月16日(火)に日本で初開催します。

「ATS」は、2010年9月の英国ロンドンでの初開催以降、欧州・APACを中心にディスプレイ・動画・モバイル等、進化を続ける広告手法や、それらを支えるテクノロジーの動向に関する議論の場を提供し続けています。ATSシリーズは、各国の業界を牽引する関係者から高い支持を受けており、広告主のCMO・マネジメントレベルのマーケター、媒体社、広告代理店、アドテクノロジー企業の経営幹部らが多数参加。熱い議論や、有意義な情報交換が行われています。

本カンファレンスでは、日本市場でも注目を浴びている「プログラマテック・トレーディング(広告取引の自動化)」「データマネジメント」「動画・モバイル広告」をテーマに、海外のアドテクノロジー企業が多数登壇し、グローバルな視点に立ったテクノロジーや最適化戦略の最新トレンドを学ぶことができます。また、通常媒体では発表できない、日本国内で最先端を行く、プログラマテックの実戦企業によるケーススタディやベストプラクティスも発表されます。また、ランチやパーティーによるネットワーキングを通して、グローバルスタンダードを日本の現場における実践に落とし込むためのヒントをご提供します。

なお、各セッションの内容に関しては、ExchangeWireJapanのイベントサイトにて、随時公開してまいります。


■ イベント開催概要

イベント名:ATS Tokyo 2014
開催日時:2014年9月16日(火)9時〜20時
※若干の時間変更の可能性もあります

会場:ウェスティンホテル東京
東京都目黒区三田1−4−1 恵比寿ガーデンプレイス内
リンク

定員:500名
主催:ExchangeWireJapan
参加方法:オフィシャルサイトより確認ください。
リンク

###
ExchangeWireJapanについて
ExchangeWireは、 データドリブンな広告テクノロジーを専門としたニュースメディア。ロンドンに本社をおき、グローバルなネットワークを活用し、国内外の業界情報を提供。 ディスプレイ・動画・モバイル・ソーシャルなど、アドテク市場におけるテクノロジーやプログラマテックの最新動向や、最先端で活躍する業界関係者のコラ ム、マーケターへのインタビューを通じて、ケーススタディを提供している。

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:ExchangeWire
担当者名:大山忍
TEL:03-6869-0966
Email:japanpr@exchangewire.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]