logo

若林正丈教授講演「台湾「ヒマワリ学生運動」を考える 」(5/16)

早稲田大学 2014年05月12日 17時30分
From 共同通信PRワイヤー

2014-05-12

早稲田大学広報室広報課

台湾「ヒマワリ学生運動」を考える
―― 非承認国家の民主体制とアカウンタビリティー ――
若林正丈氏(早稲田大学政治経済学術院教授・台湾研究所所長)講演

【概要】
台湾では、去る 3 月 18 日から 4 月 10 日まで、国民党馬英九政権が推進する中国との「サービス貿易協定」に反対する学生団体が立法院(国会に相当)の本会議場を占拠するという事件が起きた。学生の突出した行動は予想外に広範な市民の支持を集めて「ヒマワリ学生運動」と称されるようになり、大きな波紋を台湾内外に投げかけるものとなった。「運動」が求めたものは何か、その背景は、その性格は、歴史的意義とは?台湾という非承認国家の民主化の流れの中で考えてみたい。

【開催情報】
2014年5月16日(金) 16:30~18:00
会場:早稲田大学 26 号館(大隈タワー)地下1階 多目的講義室
言語:日本語
対象:学生・教職員・一般
申し込み等:入場無料 当日直接会場へお越し下さい

【お問い合わせ】
早稲田大学アジア研究機構 リンク
Eメール:asianstudies@list.waseda.jp
TEL:03-3202-2537
FAX:03-3202-2542



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]