logo

「男の身だしなみとニオイ」に関する調査~3人に1人が上司や同僚の「ニオイ」が気になる

株式会社オールアバウト 2014年05月08日 13時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014年5月8日

株式会社オールアバウト

【生活トレンド研究所レポート2014 vol.9】
「男の身だしなみとニオイ」に関する調査を実施
~50代男性の半数以上が「美容に関心あり」!~
~3人に1人の男性が上司や同僚の「ニオイ」が気になっているが指摘できない~

株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:江幡哲也)が
運営する「生活トレンド研究所」は、2014年第9弾のレポートとして「男性の身だしなみと
ニオイ」に関するアンケート調査を実施しました。

5月に入り、2日(金)には東京大手町の気温が25度まで上がり、今年初の”夏日”となり
ました。暑くなってくると気になるのは”ニオイ”のケア。最近では男性用のニオイケア製品
が多数発売されており、市場も活気づいています。そこで、「生活トレンド研究所」では、
男性が自分自身のニオイについてどう感じているか、また、同性同士のニオイについて
どう感じているかを調査しました。調査期間は2014年4月9日(水)~2014年4月12日(土)、
首都圏(1都3県)在住でフルタイム勤務の20~59歳男性894名から有効回答を得ました。


■「生活トレンド研究所」のURL:リンク


---------------------------------------------
 調査結果サマリー
---------------------------------------------

1)50代男性の半数以上が「美容に関心がある」と回答
   20~50代男性が身だしなみで気をつけているのは「顔・頭部」と「ニオイ」

<専門家(「メンズコスメ」ガイド:藤村岳氏)コメント>
「40代以降も含めて全体的に『美容』や『身だしなみ』に関する感度が上がっている。
50代の男性のための雑誌の新創刊など、この年代の意識が緩やかながら高まってきた
ことに注目したい」

<専門家(「成功者のビジネスマナー」ガイド:尾崎まみ氏)コメント>
「見た目というのは、情報の窓口といえる。見た目は、その人そのものといっても過言
ではない。商談も恋愛も、見た目が悪いと、決まるものも決まらない。自分の幸せのため
にも、『身だしなみ=見た目』を大切にしていただきたい」


---


2)5割以上の男性が「自身のニオイ」が気になっている!
   ニオイの対処法は年代で二分され、20~30代は「制汗剤」、40~50代は「こまめに汗を拭く」

<専門家(「皮膚外科」ガイド:野田真喜医師)コメント>
「体のニオイでもわきの下のニオイが特に強い状態をワキガというが、これが特に強く、
社会生活上差し支える状態を『腋臭症』と呼び、日本人では10~15%程度とされている。
アンケートでは、これよりずっと多い割合でニオイを気にする人がいることから、その中には
全く臭わない、またはわずかに臭う、という程度でも臭いを気にする人が含まれていることが
考えられる。実際、診察すると、ほとんどニオイがないのに、例えば”思春期に他人に指摘
されて以降、とても気になるようになった”などの理由で受診される方も少なくない」


---


3)3人に1人が「会社の同僚」のニオイが気になっている!
  しかし大半が「ニオイの指摘はできない」と回答

<専門家(「メンズコスメ」ガイド:藤村岳氏)コメント>
「悪臭を振りまいていても、『知らぬは本人ばかりなり』という状況。親しいであろうはずの家族や
友人に指摘するという人が3割台に留まっている、ということはいかにニオイ問題がデリケートで
あるか、という象徴ではないか」


---


■調査結果につきましてはPDFをご覧ください。
リンク

■プレスリリースのURL
リンク



---------------------------------------------
 調査監修者プロフィール
---------------------------------------------

●「メンズコスメ」ガイド 
  藤村 岳(ふじむら がく)
リンク
男性美容研究家・美容コンサルタントとして活動。DANBIKEN~男性美容研究所~主宰。
「美しくなるよりも、嫌われない美容」が男性には必要とのモットーがあり、やりすぎない男性美容を提案。
テレビ・ラジオなどの出演のほか、『MEN’S EX』(世界文化社)、『Gainer』(光文社)、
『UOMO』(集英社)などで執筆活動。講演やイベント、化粧品の商品開発、コンサルティングなども行っている。


●「皮膚外科」ガイド 
  野田 真喜(のだ まき)
リンク
日本形成外科専門医、医学博士。昭和大学形成外科、横浜労災病院、千葉県こども病院などで多くの
臨床経験を積み、現在「神楽坂肌と爪のクリニック」副院長。爪を専門とする数少ない病院で、
巻き爪などの爪治療から、ほくろやシミの治療まで皮膚外科医として日々診療にあたる。


●「成功者のビジネスマナー」ガイド
  尾崎 まみ(おざき まみ)
リンク
大学卒業後、JAL国際線CAとして8年間乗務。主にニューヨーク、パリ便のファーストクラスを担当。
現在は、マナーコンサルタントとして、法人・企業を対象に、社員教育研修、ビジネスマナー研修、
新入社員研修、管理職研修、接客・接遇訓練などを実施。
特に、CS・マナー・身だしなみ・営業等のマニュアル作成を得意としており、数社の企業、
ゴルフクラブ、レストランなどのイメージアップコンサルティング、学生向けの就職活動セミナー講師も行っている。
講師歴8年目で受講者は5000名を超えている。



------------------------------------------------------
 調査概要(調査方法:インターネット調査)
------------------------------------------------------

・調査期間:2014年4月9日(水)~4月12日(土)
・調査対象:首都圏(東京、埼玉、神奈川、千葉)の20~59歳男性
(ジャストシステム「ファストアスク」リサーチ会員) 
・割付:20~24歳 111名、25~29歳 111名、30~34歳 115名、35~39歳 112名、
 40~44歳 111名、45~49歳 111名、50~54歳 112名、55~59歳 111名



----------------------------------------------------------------------------------------------------------
「生活トレンド研究所」について リンク
 「生活者のトレンドと未来をひも解くマーケティング・チャネル」であることをミッション
に掲げ、総合情報サイト「All About」で活躍する住宅、マネー、健康、グルメ、一般
消費財等、様々な領域における専門家(=ガイド)が研究員となって、企業と生活者が
より良い関係性を構築するための調査、市場分析を行なっていきます。その分野に
おける高い専門性はもちろんのこと、生活者・実務家としての考えや想いも兼ね備えた
「All Aboutガイド」ならではの分析・考察を重ねることで、表面的な定量データでは
捉えられない新たな潮流や課題を浮き彫りにしていきます。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]