logo

スパンション、車載用フラッシュメモリ製品ポートフォリオを強化

スパンション・インク 2014年05月01日 16時00分
From DreamNews

Spansion(Spansion Inc.、NYSE:CODE、以下「スパンション」)は本日、フラッシュメモリ製品ポートフォリオに6つの車載用デバイスを追加し、スパンションの車載用フラッシュメモリ製品ポートフォリオを強化したことを発表します。当社は、Serial NORおよびNANDのメモリ容量を、それぞれ3種類ずつ新たに追加することで、広い温度範囲や自動車システム開発における厳しい品質要件に対応していきます。

スパンションは、幅広い動作温度範囲(-40から125)に適した車載用デバイスを16Mb、32Mb、および64Mbの容量で提供し、Spansion FL1-K Serial NORフラッシュファミリを拡充します。また、-40から105の動作温度範囲に適応する車載用Spansion ML-G1 NANDフラッシュメモリでは、1Gb、2Gb、および4Gbの容量で提供されてます。スパンションの新しいデバイス6種類はすべて、車載グレード製品の業界基準であるAEC-Q100と生産部品承認プロセス(PPAP)に準拠しています。

スパンション、フラッシュメモリ事業グループ、シニアバイスプレジデント、ロビン・ジグール(Robin Jigour)は、次のように述べています。「当社は、車載用フラッシュメモリの幅広いポートフォリオと高い品質、技術サポート、長寿命な製品の開発で、20年以上にわたって車載用フラッシュデバイスにおけるリーダーシップを維持しています。我々は、ADAS(先進ドライバーアシスタンスシステム)、車載向けクラスタ、インフォテインメントやデータ・ロギング・システムといったアプリケーションがより広い範囲の車両で標準装備されるにつれて、自動車関連OEMからの車載グレードコンポーネントに対する需要が拡大していくと考えています」

Web-Feet Researchの創立者およびCEOであるアラン・ニーベル(Alan Niebel)氏は、次のように述べています。「極めて高い信頼性と広範囲な温度変化への適応力は、車載向けアプリケーションで最も重要な要件の1つです。 PPAPに基づき策定されたAEC-Q100認証を取得した車載用デバイスとは、世界中の自動車メーカが規定した最も厳しい要件を満たしていることを意味します。スパンションは、車載用の高性能・高品質組み込みシステムの開発、テスト、出荷、およびサポートにおいて積極的な役割を担うことで、業界のリーダとしての地位を確立してきました」

車載グレードのフラッシュメモリは、車載用途は勿論のこと、ソーラーインバータ、電源スイッチ、ファクトリ・オートメーション、および安全監視装置といった産業用途にも適応可能です。

スパンションの新しい車載用シリアルNORフラッシュ品番: S25FL116K (16Mb)、S25FL132K(32Mb)、S25FL164K (64Mb)。車載用NANDフラッシュ新製品:S34ML01G1(1Gb)、S34ML02G1(2Gb)、S34ML04G1(4Gb)。

Spansion Inc
広報担当
03-5269-1038
spansion@jspin.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]