logo

中国の大手アニメーション会社が、最先端の3Dアニメ映画制作にBrocadeイーサネットファブリックを採用

Brocade 2014年04月28日 16時20分
From JCN Newswire

追光動画(Light Chaser Animation Studios)が2施設に低レイテンシイーサネットファブリックを展開

Beijing, Apr 28, 2014 - ( JCN Newswire ) - 北京でCGアニメを制作しているスタートアップ企業の追光動画が、アニメ制作業務をサポートするため、Brocade (NASDAQ: BRCD)の新しい高性能ファブリックベースのネットワークを展開しました。この新ネットワークは、追光動画のデータセンタにあるストレージやコンピューティングリソースと、追光動画の本社にあるアーチストのワークステーションを、シームレスなイーサネットファブリックでつなぎ、3Dアニメ制作に欠かせないワイヤスピードと低レイテンシのパフォーマンスを実現します。

追光動画は昨年Gary Wangにより設立されました。彼は中国でもっとも人気のある動画共有サイトのTudou.comの設立者で、元CEOです。同社の目標は、世界クラスのアニメーション映画を製作することと、中国で急成長中の映画市場でビジネスチャンスを収益に変えることです。この市場は昨年28%成長し、2020年までには米国の市場規模を超えるのではないかと広く期待されています。

「現在、中国で制作される高品質CGアニメのコンテンツは非常に不足していますので、我々は世界クラスのアニメーション映画を制作してこのギャップを埋めようと考えています。そのためには、世界クラスのアニメの人材と、世界クラスの技術が必要ですが、後者はBrocadeの新ネットワークにより得ることができます。」と、追光動画技術責任者のYe Yuanは述べました。

「我々は企業の立ち上げ時に、スタジオ業務をサポートする最新の先端技術を展開することができました。これには、900テラバイトのネットワークアタッチトストレージ(NAS)、サーバー400台で構成されるレンダーファーム、200台のアニメーション用ワークステーションなどがあります。これらをすべて接続し、全体を効率的に機能させることで、我々は最大のパフォーマンスを得ることができましたが、それでもなお、デジタル制作ファイルは今や数ギガバイトにも達するため、多大なワークロード需要を処理できるシームレスなネットワークが必要でした。

Brocade(R)ソリューションはBrocade VDX(R)イーサネットスイッチの周囲に構築された一元的なイーサネットファブリックでした。これらのスイッチにはBrocade VCS(R) Fabric技術が搭載されており、それにより追光動画はデータセンタとアーチストスタジオに、自己管理型のシームレスなネットワークを構築することができました。

データセンタ内では、Brocade VDX 6710 Switchesがトップオブラック(TOR)スイッチとして展開され、追光動画のビデオレンダリング用にコンピューティング能力を提供するマルチコアサーバー400台のマルチプロセッサにワイヤスピードのギガビットイーサネット(GbE)接続を提供します。このスイッチの特徴は、ハードウェアベースのインタースイッチトランキング機能で、ひとつのクラスタ内で10 GbEポートを介してリンクし、単一の非常にレジリエンスの高い仮想デバイスとして機能します。このアプローチにより、わずか600ナノ秒のポート間レイテンシが実現し、レンダーファームサーバーの相互通信が迅速化します。

Brocade VDX 6720スイッチはまた、追光動画のデータセンタスイッチングクラスタの一部を形成して、サーバスイッチへの10 GbEのパスを提供し、NASアレイを複数の10 GbEリンクを介してネットワークに接続します。さらに、追光動画スタジオ施設にある数台のBrocade VDX 6710スイッチとクラスタを形成するもうひとつのBrocade VDX 672への、デュアル10 GbEリンクを、光ファイバ接続を介してサポートします。後者は、ワイヤスピードのGbE接続を、アニメーションアーチストのワークステーションに提供します。

「この設計の美点は、追光動画の2つの施設にまたがって、単一のイーサネットファブリックを形成し、ITインフラ全体に大容量で低レイテンシの接続を提供しているところです。」と、Brocade中国地域部長のSam Loは述べました。「また、ファブリック内のすべてのBrocade VDXスイッチ間で、単一の仮想デバイスとして構成情報が共有されているため、非常に管理が容易です。これはまさにプラグアンドプレイネットワークと言えます。追光動画でサーバーやワークステーションをさらに追加するために、ネットワーク容量の増大が必要になった時には、ファブリッククラスタにもうひとつスイッチを足せばいいだけです。」

Brocadeについて

Brocade (NASDAQ: BRCD)ネットワーキングソリューションは、世界トップクラスの企業・団体が、アプリケーションと情報がいたるところに存在している世界へと、円滑に変革していく支援を行います。( www.brocade.com リンク )

(c) 2014 Brocade Communications Systems, Inc. All Rights Reserved.

ADX、AnyIO、Brocade、Brocade Assurance、B-wingシンボル、DCX、Fabric OS、ICX、MLX、MyBrocade、OpenScript、SAN Health、VCS、VDX、Vyattaは、米国およびその他の国で、Brocade Communications Systems, Inc.の登録商標であり、HyperEdge、NET Health、The Effortless Network、The On-Demand Data Centerは、商標です。本書に記載された他のブランド、製品またはサービス名は、それぞれの所有者の商標の場合があります。

BROCADEお問い合わせ先
アジア太平洋地域メディア広報
Wendy Lang
電話:+65 6317 2464
モバイル:+65 9694 1051
wlang@brocade.com

PR会社お問い合わせ先
Ning Meng
O&S Consulting
+86 185 0008 5175
ningmeng@osmkt.com

概要:Brocade

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]