logo

“障害者”と“多様な分野のプロフェッショナル”の協働から生まれる現代アートの国際展「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2014」を初開催!

横浜市 2014年04月24日 09時57分
From Digital PR Platform


“障害者”と“多様な分野のプロフェッショナル”の協働から生まれる現代アートの国際展「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2014」を初開催します。今年は「ファースト・コンタクト」をテーマに展示やパフォーマンス、ものづくりなど多彩なプロジェクトを展開します。また、3年ごとの発展的開催を見据え、今後も継続して各プロジェクトに取り組みます。

「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2014」では、障がい者と多様な分野のプロフェッショナルによる、現代アートやパフォーマンスの作品制作と、福祉施設や地元企業、市民ボランティアなど、あらゆる障害のある人とない人たちによるフェスティバル運営という2つの「ランデブー」を企画の柱にしています。

今回発表した参加アーティスト第一弾は、次のとおりです。


○参加アーティスト(4月22日現在)
namiko kitaura、岩崎貴宏、真鍋大度、石橋素、堤修一、照岡正樹、目【め】、井上唯、Chrissie 喜陽(Kiyou) & 高津会、金井圭介、Catherine Magis、isabelle boinot、三角みづ紀、ダイアログ・イン・ザ・ダーク


○開催概要
 テーマ: First Contact -はじめてに出会える場所-
 会期: 2014年8月1日(金)~11月3日(月・祝) コア期間:8月1日(金)~9月7日(日)
 会場: 象の鼻テラスほか
 主催: 横浜ランデヴープロジェクト実行委員会、特定非営利活動法人スローレーベル
 共催: 横浜市、2014年東アジア文化都市実行委員会
 助成: 平成26年度文化庁地域発・文化芸術創造発信イニシアチブ

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]