logo

ゴールデンウィーク・イベント 新宿高島屋で“世界に誇る農産物”をつくる農業家の夢を応援!『NIPPON ベジフル夢がたり』フェア

新宿高島屋 2014年04月18日 10時00分
From Digital PR Platform


■期間:2014年4月23日(水)~5月6日(火・祝)
■場所:新宿高島屋 1階 特設会場
■協力:一般社団法人 アグリドリームニッポン、世界農業ドリームプラン・プレゼンテーション実行委員会

TPPやEPAを機に争点となっている日本の農業の将来や、諸外国との競争激化により国内農業の競争力を強める新しい農業への関心は、農業家のみならず、一般消費者のあいだでますます高まっています。そうしたなか、小売業である百貨店として、商品を販売するだけではなく、世界に誇れる日本の農業の素晴らしさを農業家が直接お客様に語り、お伝えすることができる、“お客様と生産者を繋ぐ新しいコンセプトの売場”として『NIPPON ベジフル夢がたり』フェアを開催いたします。会期中は連日、農作物の「生産者」や「野菜の語り部」が店頭に立ち、自信をもってつくった農作物や珍しい野菜や果物についての説明など、お客様と直接対話をするだけでなく、お客様が関心を抱いた野菜や果物をその場(売場のイートイン)で野菜スティックや、スムージーにして食べることができる新しいコンセプトの特設売場です。「自信を持ってつくった作物を食べた、消費者の声をリアルに聞きたい」と思っている生産者と、「美味しいものを食べたら、その生産者に“ありがとう”を伝えたい」と思っている消費者をつなぐ新しいコンセプトの売場・販売を実現することにより、百貨店ならではの新しい“付加価値”をご提供いたします。

フェアに参加する農業家のご紹介(一部)  
■遠藤健二 さん
宮城県生まれ。東北大学農学部卒業後、農業コンサルタント会社等で働く。1999年〜茨城県下妻市にて(有)ストロベリーフィールズを設立。非農家の出身で、就農から約10年目にして百貨店や専門店で高い評価を受ける。商品パッケージや価値の伝え方に工夫を凝らし、一粒500円のイチゴ、朝摘みイチゴBOXなど様々な販売方法で消費者を引きつけ、その経営センスが注目を集めています。新規就農者支援にも力を入れるとともに、研修生を受け入れ、多くのイチゴの作り手を輩出しています。これまでに、タイ、シンガポール、マレーシア、ベトナム、中国において、農業指導に携わり、世界視点で日本農業の可能性を発信し、日本農業が世界で貢献できる可能性を探っています。

■「野菜の語り部」廣本直樹 さん                  
1972年生。東京農業大学 農学部卒業。少年時代から農家さんが作る素材が好きで、近所の商店街で八百屋さんや肉屋さん、魚屋さんとの会話から“わくわくして食べる”ことの喜びを知り、自分でも野菜を作ることを中学生の頃から始める。1995年から都内の青果市場の現場営業を経て、農作物が好きな自分の理想と農産物ビジネスとのギャップに悩み、2008年に独特の手法で篤農家にスポットをあてるベンチャー企業に転職し、作り手である農家さんの“思い”や“こだわり”を伝える「野菜の語り部」としてデビュー。2011年に起きた東日本大震災により、こだわりの農産物が「風評」という巨大な闇に閉ざされ、農家さんが絶望感を味わう姿を目の当たりにして、「正しく伝える」ということを信念に“風評との戦い”を決意する。2014年に「野菜の語り部」として独立。「野菜の語り部」によって、作り手にはやりがいと希望を与え、食べる人には季節感とわくわく感と会話を生み出し、料理人には素材のこだわりから新しいインスピレーションが生まれ、食にかかわるすべての社会に「笑顔を感動」が生まれると考えている。「あこがれの職業」として農業が1位になる社会がくると願うとともに、次世代の「野菜の語り部」を育成する事業にも力をいれている。


販売野菜、イートインメニューについて  
こだわりの野菜、果物の販売(約30品目)のほか、販売野菜や果物をその場でサラダや野菜ジュースにして提供するイートインを展開いたします。
■日替わり野菜の「パフェサラダ」 432円
■日替わり野菜の「ベジスムージー」 432円
※ イートインでは、お客様のご希望にあわせてお好きな野菜、果物のトッピングのご注文も承ります(有料)

「野菜の語り部」と農業家による、トークショーを開催  
連日、「野菜の語り部」廣本直樹氏と農業家によるトークショーを行います。(各日、12時30分~、15時30分~)

農業家が「夢」を語るプレゼンテーションイベントを開催   
農業に関わる人たちがお客様へ「夢」を語る場として特設売場内にはステージを設け、作り手と食べる人をつなぐ、
社会に新たな農業の価値を提供する、新しい未来の農業の発展につながる「夢」を語り、その「夢」が社会に広まった時、
どんなシーンが起こるのかをお客様に体験してもらうユニークなイベント(“体験型プレゼンテーション”)を随時行います。

■お問合せは新宿高島屋 03-5361-1111(代表)  


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]