logo

グルンドフォスポンプ株式会社:高効率で抜群の省エネ性能 ドレンバック機能を追加した浸漬型クーラントポンプMTRを発売

Grundfos 2014年04月16日 12時00分
From JCN Newswire

Denmark, Apr 16, 2014 - ( JCN Newswire ) - ドレンバックとは、シャフトシールの摩耗や異物混入により万一シャフトシール部分より液漏れが発生しても、液がタンク内部に戻る構造のことを言う。グルンドフォスポンプは、ドレンバック機能を追加した新型の浸漬型クーラントポンプMTRを発売する。

ドレンバック機能は、漏水によるダウンタイム発生の回避、メンテナンス時間・費用の削減、工場内・設備の汚染防止などが主な特長である。また、シールレス方式に比べて摩擦損失(機械ロス)によるクーラント液の液温上昇も軽減することができ、エネルギー消費量の削減につながる。

グルンドフォスは、現時点で小型機種(MTR1/3/5)への導入を完了している。2014年内に中型機種(MTR10/15/20)に、その後大型機種(MTR32/45/64)にも段階的に導入していく予定だ。

グルンドフォスポンプについて

1945年デンマークで設立されたグルンドフォスポンプは、55ヶ国以上に80を超える事業所を構え、ポンプの製造・販売を行う。先進的なポンプソリューションの世界的なリーダーで、水資源に関する技術のトレンドをつくる役割を果たす。人々の生活の質を高め、地球を大切にする新たな技術を開発することにより、世界規模の環境維持に貢献する。

グルンドフォスポンプ株式会社の設立は1986年。静岡県浜松市に本社・工場を構える。

本件に関するお問い合わせ
グルンドフォスポンプ株式会社
ビジネスインテリジェンス部
Email: INFO-GJK@grundfos.com
リンク

概要:Grundfos

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]