logo

コラム「WebSocketでサーバプッシュ その2 〜EM-WebSocket〜 」(ゼネット 松永紘氏コラム)

masuidriveこと増井雄一郎氏とゼネット松永紘氏による旬な Ruby、Rails関連コラム

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)のグループ会社で、ITシステムの保守サポート、運用サービス及び教育サービスを提供するシーティーシー・テクノロジー株式会社(本社:東京都千代田区、以下:CTCテクノロジー)はコラム「WebSocketでサーバプッシュ その2 〜EM-WebSocket〜 」(ゼネット 松永紘氏コラム)を公開しました。

###
 3/14にRails4.0.4がリリースされました(*1)。このアップデートは多くの機能改修やバグフィックスが含まれています。その中にはRuby2.1.1の不具合(*2)に対するフィックスも含まれていますので、該当バージョンをお使いの方はアップデートすることをお勧めいたします。

 さて、前回はWebSocketの概要について書いてまいりました。今回はその続きとして、実際にWebSocketを使ってみたいと思います。
 WebSocketのライブラリとしてはJavaScriptで実装されたSocket.IO(*3)が有名ですが、本コラムは一応(!)「Ruby、Rails関連コラム」ですので、ここではRubyで実装されたWebSocketのライブラリ、EM-WebSocket(*4)をご紹介いたします。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]