logo

PHPコラム『変数操作関数編 その2』

ヒューマンリソシアで、親方こと格子組の古庄道明氏によるPHPコラム『変数操作関数編 その2』が公開されました。

###
変数操作関数、その2でございます。
さて…個人的に勝手に「2a問題」とか呼称をしておりますが。
PHPは「型をあまり意識しなくていい言語」とか言われますが、状況にも拠りますし…まぁ正直に申し上げて
「上級を意識する」かたがたにとって、型を意識しないのはどちらかというと「デメリット」として働く事も
多々ございます。
端的には、以下のコードでよく「ひどい目に」あいます。

$s = ‘abcdefg’;
if (false != strpos($s, ‘a’)) {
echo ‘文字がみつかりました’, “\n”;
} else {
echo ‘文字はありません’, “\n”;
}

「これが、!=じゃなくて!==だったらねぇ…」と悔やむケースは、ケースとしては稀ですが、引っかかると大変に厄介で腹立たしいものであろうと推測をいたしますが、如何でしょうか?

さて…そんなこんなもございますので、PHPにおける型のお話は、案外と重要で鬼門で肝要なものでございます。
まずは簡単に「現在の変数の型がいかなるものか」を知るための関数を簡単に列挙してみましょう。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]