logo

立教大学 池袋活性化プロジェクト 4/10「池袋スマートマップ」のサービス提供を開始

学校法人立教学院 2014年04月10日 21時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014年4月10日

立教大学

立教大学×大日本印刷 池袋活性化プロジェクト
4/10 「池袋スマートマップ」のサービス提供を開始
-書店のブックカバーから学生のお勧めスポット情報をスマホに配信-

立教大学経済学部の廣江彰ゼミナールの学生が、大日本印刷株式会社の支援のもと、地域活性化を目的とした「池袋スマートマップ」を作成しました。

「池袋スマートマップ」は、一覧性に優れる紙の地図と、大量の情報を掲載できるデジタルコンテンツを組み合わせたO2O(Online to Offline)プロモーションツールです。書店で配布するブックカバーに、学生おすすめのスポットがプリントされており、ブックカバーに貼付されたNFC(Near Field Communication)タグにスマートフォンをかざすことにより、池袋駅周辺の飲食店や観光スポットなどの情報が配信されます。本サービスを通し、池袋駅周辺の街歩きへ誘導すると共に、来店促進につながることが期待されます。

廣江彰ゼミナールでは、「東京的産業の研究」をテーマに、まちづくりの企画立案、提案、実行に取り組み、1999年度から所属学生が西池袋の地域活性化を目的にフリーペーパーの制作や映像配信、イベントなどを開催してきました。

NFCタグを活用した「池袋スマートマップ」は、同ゼミの3年次生3名が、「池袋の新しい出会いをプロデュース」をコンセプトに立案したものです。大日本印刷から必要な機能を集約したプラットフォーム『TAPLINK(タップリンク)』 (※1)を提供いただき、NFCタグ付きブックカバーと告知用ポスターの制作や企画などの支援を受けて実現しました。

「池袋スマートマップ」のNFCタグ付きブックカバーは5,000部用意し、4月10日から、池袋の4書店で配布されます。

■「池袋スマートマップ」実施概要
1. 実施期間  4月10日からNFCタグ付きブックカバー配布開始
        ※5,000部配布次第終了
        ※情報サイトは、配布終了後も閲覧可能(ただし予告なく終了予定)

2. マップ対象エリア   池袋駅周辺

3. 協力書店(ブックカバーの配布およびポスターの掲載)
  (1)ジュンク堂書店 池袋本店(東京都豊島区南池袋 2-15-5)
  (2)三省堂 池袋店(東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 9階)
  (3)リブロ 池袋本店(東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 書籍館・別館)
  (4)芳林堂コミックプラザ(東京都豊島区西池袋1-18-2 藤久ビル西1号館B1)

4. 配信情報  観光スポット4箇所、飲食店など約10店

5. 情報サイトのURL  リンク
*NFCに対応していないスマートフォンの場合は、ブックカバーに印刷した二次元コード(QRコード)を読み取ることで、情報サイトにアクセスできます。

※1 【O2Oサービス向けプラットフォーム「TAPLINK」の概要】
NFCタグを貼付したポスターやPOP(店頭広告)など(「池袋スマートマップ」ではブックカバー)に生活者がNFC対応のスマートフォンをかざすと、そのスマートフォンに商品や店舗の情報、クーポンなどが配信され、来店促進につなげていくO2Oサービスのプラットフォームです。設置場所や時間に応じて、配信情報を変更できるため、タイムセールなどの効果的なプロモーションが可能です。NFCは国際標準規格の近距離無線通信のため、海外からの旅行者などへのサービスも提供できます。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]