logo

◎デュワーズ、「1846年創業の本物のスコッチ」による新ボトル・パッケージデザインを発表

デュワーズウイスキー 2014年04月08日 10時30分
From 共同通信PRワイヤー

◎デュワーズ、「1846年創業の本物のスコッチ」による新ボトル・パッケージデザインを発表

AsiaNet 56426

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

デュワーズ、グローバルマーケティングキャンペーン「1846年創業の本物のスコッチ」による新ボトル・パッケージデザインを発表

グラスゴー(スコットランド)、2014年4月7日/PRニュースワイヤー/ --
世界でも最多の受賞歴を誇るブレンドスコッチウイスキーのデュワーズ(R)は本日、新しいエキサイティングなビジュアルアイデンティティとボトルデザインの刷新を発表しました。1846年にジョン・デュワーが創業し、その歴史を営々と積み重ねてきたスコッチの今回の大きな進化は、将来スコッチの象徴としてさらにブランド力を高めるべく、同ブランドの信頼と伝説的な歴史をベースに展開されるグローバルマルチメディアキャンペーンがサポートしています。

マルチメディアニュースリリースを表示するには、以下をクリックしてください。:
リンク

すべてのブランド活動は、その比類のない出自、品質、技術で他を圧倒するブレンドスコッチウイスキーとしてのデュワーズの地位を活写する「TRUE SCOTCH SINCE 1846(TM)(1846年創業の本物のスコッチ)」というキャッチコピーの下、一貫して展開されます。

「TRUE SCOTCH(本物のスコッチ)」を記念して、コアブランドのラインナップは、消費者がボトルを手にするたびにデュワーズのこれまで培ってきた物語の一端に思いを馳せることができるよう、同社の絢爛たる歴史を活き活きと蘇らせる新パッケージに彩られます。

「我々はデュワーズの歴史、そしてこれまでの168年間、具現化されてきた品質とスキルを何より誇りに思っています。「TRUE SCOTCH(本物のスコッチ)」は新デザインと相まって、過去と未来との掛け橋となるキャンペーンです。」と、デュワーズ・グローバル・カテゴリー・ディレクター、ジョン・バーク氏は述べ、次のように続けました。「我々の新しいマーケティングキャンペーンは、ボトルやパッケージデザインという形あるメッセージで、当ブランドの歴史、えも言われぬ絶妙なウイスキーという液体を包み、デュワーズの歴史に思いを馳せる術をすべての消費者にお伝えします。」

デュワーズの新しいルックアンドフィールは、製品ラインナップごとの各ボトル独自の形状を手始めに、このブランドの素晴らしさをあらゆる面で表現しています。大胆な色使い、ストッパーとシール部分から、プレゼンテーションボックス、ラベル、特注の書体とラベルに記された製品情報に至るまで、すべてこのスコットランドの偉大なブランドのアーカイブに端を発しています。新しいデュワーズのボトルラベルは、このスコッチウイスキーを育てた物語に思いを馳せることができるよう豊かな特徴を随所に配しています。さらに、すべてのデュワーズプレミアムとスーパープレミアムウイスキーには、その熟成年や産地についてそれぞれ但し書きが付属しており、デュワーズシグネチャーの各ボトルには、その歴史と優れた技術に対する感嘆に値すべくマスターブレンダー署名の一点物の証明書が付属しています。

新しいデュワーズのデザインの最大の特徴は、すべてのボトルのガラス部分の上にエンボス加工された三つ葉のケルト文様「真実の結び目」があることです。ジョン・デュワーとその息子たち、ジョン・アレキサンダー・デュワーとトミー・デュワーが支えたデュワーズブランドの強靱さと長寿をハッキリと視覚に訴える表現が、今日まで営々と続く同社を創立した実在の3人の頭文字「D」が連なる文様に現れています。このデザインは、トミー・デュワーの有名で広く引用されるようになった格言「商品の品質がその最大の広告塔である」を具体化することを意図しています。

新しいデュワーズのビジュアルアイデンティティは、米国、グローバルトラベルリテール、ロシア、インド、レバノンを含む他のすべての市場に続き、イギリス、スペイン、ギリシャで今月から展開されます。すべてのPOS、マーチャンダイジングアセットに組み込まれ、ブランドターゲットへの影響と差別化の強化を目指します。  

「TRUE SCOTCH(本物のスコッチ)」プラットフォームは重厚な歴史の上に構築されています。パース、スコットランドでワイン、スピリッツのビジネスを確立した後、ジョン・デュワーはブレンドスコッチのボトルにその名前を刻んだ最初の人物として名声を馳せ、デュワーズをブレンドスコッチウイスキーの世界的なオリジナルブランドに成長させました。デュワーズ初のマスターブレンダーであったA・J・キャメロンは、ブレンド後、最大6ヶ月間オーク樽で熟成させることによりスコッチウイスキーにデュワーズ独自の滑らかな口当たりと後口を与える「マリアージュ」プロセスを編み出しました。1893年にデュワーズはビクトリア女王により王室御用達となり、今日までその栄誉を保っています。

世界中のスコッチウイスキー愛飲家が崇めるジョン・デュワー&サンズは、その品質と味の良さから500個以上のメダルを獲得しています。デュワーズは歴史上、最も多くの受賞歴があるブレンドスコッチウイスキーブランドであり、独特のヘザーハニーの特徴を持つデュワーズホワイトラベルは、現在米国でベストセラーのブレンドスコッチとなっています。

「本キャンペーンのキャッチコピー「TRUE SCOTCH(本物のスコッチ)」の下、新たなデュワーズのビジュアルアイデンティティは、このユニークなウイスキーの価値、情熱、由緒正しさを蘇らせ、それでいて確かな品質が続いていることを、可能な限りダイレクトに消費者に伝わるようデザインされています。」と、ジョン・バーク氏は語り、次のように続けました。「その歴史を通じて、デュワーズは「1846年創業の本物のスコッチ」のタイトルにふさわしく歩み、スコッチウイスキーのスタンダードというものを打ち立ててきたのです。」

セレクトマーケット向け同ブランドのマーケティングキャンペーン「LIVE TRUE(TM)(自分らしく)」にとって、「TRUE SCOTCH(本物のスコッチ)」は最適な出発点となります。ちょうどジョン・デュワー自身がそうであったように自分の信念を貫き、すべてのものに対して本物であることを大切にして生きる世界中のたぐいまれな人々に焦点を当てています。

詳細については、下記までお問い合わせください: Alex Messis - プレスオフィス Dewars@wcommunications.co.uk 、電話:07716 503 051

情報元:デュワーズウイスキー

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]