logo

大学生のスマホの保有率は72% スマホ保有者の84%がノートPCも保有しており、 使用目的に応じて、賢くスマホとノートPCを使い分け。

大学生のスマートフォンに関する実態調査

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、新1年生を含む大学生・短大生・大学院生を対象に、スマートフォンの現在の保有状況および今後の買い替え・新規購入の予定、スマートフォンの使用方法などを聴取し、大学生のスマートフォンに関する実態を調査しました。

■調査背景・目的
インターネット利用者数、人口普及率が昨年に引き続き増加している中、スマートフォンをコミュニケーションツールとして利用し、もはや『スマホ』が生活の中心となっているとも言われる大学生。今回は、新1年生を含む大学生・短大生・大学院生に対し、IT機器・モバイル端末の保有状況、利用状況の実態、1か月に利用するアプリの利用料金など、大学生のスマートデバイスに関する「今」を定量的に把握した。

■調査結果
・大学生のスマホの保有率は72%。一方、ガラケーは23%。大学生の約3/4はスマホユーザーである。
・女性は男性よりもスマホをカメラやアルバムとして使用している。
・女性はチャット機能、SNSの利用率などコミュニケーション機能も男性より活用していることが伺える。
・大学生スマホユーザーの84%がノートPCも保有しており、動画鑑賞や勉強は、ノートPCで行っている。
・音楽鑑賞・カメラ・ゲームに関しては、その用途に特化した専門機器の利用が多く、それらの機能が完全にスマホで代替されているわけではない。
・買い替えのきっかけは、2年契約の終了、端末が古くなったこと。次いでより高性能な端末が欲しくなったこと

◆自主調査レポートの続きはこちらへ
リンク

■調査概要
調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティングアンケートモニター使用)
調査地域  :東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、京都府、兵庫県、北海道、宮城県、愛知県、広島県、福岡県
調査対象  : 新1年生を含む大学生 *新1年生>国立大学入試の前期日程合格者までを対象
調査期間  : 2014年3月14日(金)~3月18日(火)
有効回答数 : 1,733サンプル

【会社概要】
会社名   :株式会社クロス・マーケティング リンク
所在地   :東京都中央区銀座8-15-2 銀座COMビル6F
設立    :2003年4月1日
代表者   :代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容 :リサーチ事業

≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例> 「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」

用語解説

◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当:来條(らいじょう) TEL : 03-3549-0230  FAX : 03-3549-0221
E-mail : pr-cm@cross-m.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]