logo

ダノンネーションズカップ2014

ダノンネーションズカップ大会実行委員会 2014年03月31日 22時30分
From 共同通信PRワイヤー

2014年3月31日

ダノンネーションズカップ2014 in JAPAN実行委員会

日本で唯一の世界につながるU-12サッカー大会
ダノンネーションズカップ2014 in JAPAN 決勝 結果
横河武蔵野フットボールクラブジュニアが初優勝!!

3月29日(土)・30日(日)、駒沢オリンピック公園総合運動場にて「ダノンネーションズカップ2014 in JAPAN」(特別協賛:ダノンジャパン株式会社、ダノンウォーターズオブジャパン株式会社)決勝大会を開催いたしました。30チームによる熱戦の結果、横河武蔵野フットボールクラブジュニア(東京都)が優勝し、今秋ブラジルにて開催される世界大会への出場権を獲得しました。

決勝大会には東京・大阪・愛知の各予選大会を勝ち上がった12チームおよびシードチームとして前年度上位18チームの合計30チームが参加しました。1日目となる29日には予選リーグ、2日目の30日は決勝トーナメントと順位決定戦、フレンドリーマッチが行われ、決勝には横河武蔵野フットボールクラブジュニアと東京ヴェルディジュニア(東京都)が進出。決勝では横河武蔵野フットボールクラブジュニアが東京ヴェルディジュニアを2-0で下し、初優勝を果たしました。今大会から新設されたフェアプレー賞には、柏レイソルU-12(千葉県)が選ばれました。

決勝大会にはダノンネーションズカップin JAPANアンバサダーの北澤 豪 氏とスペシャルゲストとして、元サッカー日本代表 中山 雅史 氏にご来場いただき、世界に挑む子どもたちへ激励を行っていただきました。

<ダノンネーションズカップについて>
2000年から開催しているFIFA公認のU-12サッカー世界大会であり、元フランス代表のジダン氏が大会アンバサダーを務めています。現在は世界30か国以上で予選を行い、250万人以上の少年・少女が参加しています。世界大会の決勝は本格的なサッカースタジアムを使用し、4万人もの大観衆が来場します。
日本大会は「日本唯一の世界につながるU-12サッカー大会」として2004年から毎年開催。子どもたちに世界とつながる機会を提供し、サッカーを通じ、フェアプレー精神、チームワーク、他チームとの交流や親睦を図り、健全な心身を育てる場となることを目的としています。日本大会ホームページ(リンク

<ダノングループについて www.danone.com>
ダノンは、世界五大陸でビジネスを展開しているインターナショナル企業です。チルド乳製品、乳幼児向け食品、ウォーターおよび医療用栄養食の4つのビジネスを核とし、「できるだけ多くの人々に食を通じて健康をお届けする」という使命を掲げ、皆さまの健康的な食生活をお手伝いする企業として確固たる地位を築いています。190を超える製造拠点と約10万2千人の社員を有し、2012年の売上高は200億ユーロ、その半分以上は新興国での売上げが占めています。
ユーロネクスト・パリに上場し、ダウジョーンズ・サステナビリティ・インデックスやASPIユーロゾーン、エティベル・サステナビリティ・インデックスといった主要な社会的責任投資インデックスに選定されています。


<ダノンネーションズカップ2014 in JAPAN 決勝大会 大会結果>

■大会名:ダノンネーションズカップ2014 in JAPAN 決勝大会

■開催日時:2014年3月29日(土):1日目 予選リーグ
      2014年3月30日(日):2日目 決勝トーナメント・フレンドリーマッチ・順位決定戦
     
■会場:駒沢オリンピック公園総合運動場 第2球技場・補助競技場(東京都世田谷区駒沢公園1-1)

■参加チーム:


■大会方式:
(1)参加30チームを5チーム×6グループに分け、予選リーグ戦を行う。
(2)各グループ上位2チーム+3位チームの中の上位4チーム(計16チーム)が決勝トーナメントに進み、トーナメント形式にて戦う。その他のチームはフレンドリーマッチを行う。

■決勝トーナメント 試合結果
 準々決勝 江南南サッカー少年団 0-2 柏レイソルU-12
      アイリスFC住吉 0-1 横河武蔵野フットボールクラブジュニア
      名古屋グランパスU12 0-4 大宮アルディージャジュニア
      東京ヴェルディジュニア 1-0 川崎フロンターレU-12
 準 決 勝 柏レイソルU-12 0-1 横河武蔵野フットボールクラブジュニア
      大宮アルディージャジュニア 1-2 東京ヴェルディジュニア
 3位決定戦 柏レイソルU-12 0-1 大宮アルディージャジュニア
 決    勝 横河武蔵野フットボールクラブジュニア 2-0 東京ヴェルディジュニア  



■最終順位
 優 勝:横河武蔵野フットボールクラブジュニア(東京都武蔵野市)
 準優勝:東京ヴェルディジュニア(東京都)
 3  位:大宮アルディージャジュニア(埼玉県さいたま市)
 4  位:柏レイソルU-12(千葉県柏市)
 5  位:名古屋グランパスU12(愛知県豊田市)
 6  位:アイリスFC住吉(大阪府大阪市住吉区)
 7  位:江南南サッカー少年団(埼玉県熊谷市)
 8  位:川崎フロンターレU-12(神奈川県川崎市)
  ※以上の8チームは次年度決勝大会へのシード権を獲得
 9  位:バディーSC(神奈川県横浜市)
  10 位:レジスタFC(埼玉県八潮市)
  11 位:横浜F・マリノス プライマリー(神奈川県横浜市)
  12 位:鹿島アントラーズジュニア(茨城県鹿嶋市)
  13 位:ヴァンフォーレ甲府U-12(山梨県)
  14 位:柏レイソルA.A TOR‘82(千葉県柏市)
  15 位:エスプリ長岡FC(新潟県長岡市)
  16 位:セレッソ大阪U-12(大阪府)
 
■フェアプレー賞:柏レイソルU-12(千葉県柏市)

■個人賞
・得点王:大宮アルディージャ ジュニア No.10 大澤 朋也(7得点)
・ベスト8:
  柏レイソルU-12 No.13 田村 蒼生
  横河武蔵野フットボールクラブジュニア No.8 依田 らい木
  大宮アルディージャ ジュニア No.2 小見 洋太
  大宮アルディージャ ジュニア No.10 大澤 朋也
  東京ヴェルディジュニア No.11 権田 陽大
  アイリスFC住吉 No.24 エゼ トベチク
  エスプリ長岡FC No.8 笹川 璃矩
  バディーSC No.20 塚田 航平 ※GK
・MVP:大宮アルディージャ ジュニア No.10 大澤 朋也

<ダノンネーションズカップ2014 in JAPAN 開催概要>
■大会名称:ダノンネーションズカップ2014 in JAPAN
■主催:ダノンネーションズカップ2014 in JAPAN実行委員会
■後援:文部科学省、外務省、公益財団法人日本サッカー協会、公益社団法人日本プロサッカーリーグ、日刊スポーツ新聞社
■愛知会場予選大会 後援:公益財団法人愛知県サッカー協会
■主管:公益財団法人東京都サッカー協会、一般社団法人大阪府サッカー協会
■特別協賛:ダノンジャパン株式会社、ダノンウォーターズオブジャパン株式会社
■協賛:ダイセーエブリー二十四株式会社、三菱商事株式会社、北関東トゥエンティワン流通事業協同組合、日世株式会社、SPX フローテクノロジージャパン株式会社、高砂熱学工業株式会社、株式会社 日立物流、福山通運株式会社
■協力:アディダスジャパン株式会社、凸版印刷株式会社
■日程・会場: <予選大会> 3月2日(日)  東京会場(駒沢オリンピック公園)
               3月9日(日)  大阪会場(J-GREEN堺)
               3月23日(日) 愛知会場(豊田市運動公園)
        <決勝大会> 3月29日(土)・30日(日) 東京(駒沢オリンピック公園)




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事