logo

新日鉄住金 タイにおける自動車用電縫管事業会社を統合

新日鐵住金株式会社 2014年03月27日 14時50分
From Digital PR Platform


タイにおいて自動車用電縫管事業を展開している新日鐵住金グループのSiam Nippon Steel Pipe Co., Ltd. (以下「SNP」)とTHAI STEEL PIPE INDUSTRY COMPANY LIMITED (以下「TSP」)は、本年7月を目処として経営統合することに合意し、3月17日に合併契約を締結致しました。
なお、統合新会社の会社名は、NIPPON STEEL & SUMIKIN PIPE (THAILAND) CO., LTD. (以下「NSPCT」)とする予定です。

1.経営統合の目的
SNPは、1995年に旧新日本製鐵株式会社の子会社として、TSPは1963年に旧住友金属工業株式会社の子会社として、それぞれ設立されました。以来、両社は、タイ市場において自動車用電縫管事業を展開して参りました。この度、両社は、事業基盤を強化し、経営資源の効率化を図ることにより、従来にも増してお客様のニーズに的確に応えるために経営統合することと致しました。

2.経営統合の要旨
(1)経営統合の方式
経営統合は、タイの法令に従った新設合併の方式で行い、SNP及びTSPは解散し、全資産・負債をNSPCTに承継致します。
なお、統合比率は、SNP:TSP=1.00:1.07と致します。
(2)経営統合の日程
2014年3月17日 SNP、TSP間の合併契約締結
2014年7月目処 NSPCT発足(*) 
(*)必要な政府許認可の取得、債権者保護手続きの完了を条件とする

3.NSPCTの概要
(1)社名     NIPPON STEEL & SUMIKIN PIPE (THAILAND) CO., LTD. (略称:NSPCT)
(2)本社所在地  チョンブリ県アマタナコン工業団地(現TSP本社)
(3)事業内容   自動車用電縫鋼管・部品の製造、販売
(4)資本金    1,149百万バーツ(約37億円)
(5)株主構成   日鉄住金鋼管株式会社57.6%、住友商事グループ15.5%、三井物産グループ7.8%、岡谷鋼機グループ6.4%、株式会社メタルワン6.2%、豊田通商グループ3.1%、ワンチャイ氏 1.9%、日鉄住金物産株式会社1.3%、トシダ工業株式会社0.2%
(6)生産能力   176千トン/年(造管ベース)
(7)従業員数   約1,600名


【参考】SNPとTSPの概要 
《Siam Nippon Steel Pipe Co., Ltd. 》
事業内容  自動車用電縫鋼管・部品の製造、販売
設立年   1995年
所在地   ラヨーン県サイアムイースタン工業団地
代表者   高本 照久
資本金   783百万バーツ
株主構成  日鉄住金鋼管株式会社 60.5%、岡谷鋼機グループ 13.1%、株式会社メタルワン 12.9%、豊田通商グループ 6.4%、ワンチャイ氏 4.0%、日鉄住金物産株式会社 2.6%、トシダ工業株式会社 0.5%
総資産   4,257百万バーツ(2013年12月末)
従業員数  1,070名(2013年12月末)

《THAI STEEL PIPE INDUSTRY COMPANY LIMITED 》
事業内容  自動車用電縫鋼管の製造、販売
設立年   1963年
所在地   チョンブリ県アマタナコン工業団地
代表者   原 敏高
資本金   366百万バーツ
株主構成  日鉄住金鋼管株式会社 55.0%、住友商事グループ 30.0%、三井物産グループ 15.0%
総資産   4,663百万バーツ(2013年12月末)
従業員数  527名(2013年12月末)


(お問い合わせ先)
新日鐵住金株式会社 総務部広報センター TEL:03-6867-2135
日鉄住金鋼管株式会社 総務部 TEL:03-6758-0275
 
以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。