logo

◎P2iが撥水保護の需要の高まりを受け、中国にオフィスを新設

P2i 2014年03月26日 14時55分
From 共同通信PRワイヤー

◎P2iが撥水保護の需要の高まりを受け、中国にオフィスを新設

AsiaNet 56282
共同JBN 0348 (2014.3.26)

【深セン(中国)2014年3月26日PRN=共同JBN】撥水(はっすい)ナノコーティング技術の世界リーダーであるP2iは26日、スマートフォン、タブレット、ウエアラブル・デバイスなど家庭用電化製品の保護皮膜に対する需要の高まりを受け、中国の深センに技術センターを新設した。

P2iのカール・フランシス最高経営責任者(CEO)は「技術ソリューション・プロバイダーとして実績があるP2iは、防滴ナノコーティングですでに商業的な成功を収めている。Motorola、Plantronics、GN ReSoundなどのブランドが製造プロセスにおける標準的な作業として製品にP2iの技術を使っており、5000万以上の消費者はこれまでに信頼性が増した機器から恩恵を受けている」と語った。

同CEOはまた「2014年には次世代のDunkable(商標)技術が市場にリリースされる予定であり、これによってデバイスは重く高価で、かさばる耐熱シールや皮膜がなくても水中で動作が可能となる。この技術はすでに大きな関心を呼んでおり、中国に新オフィスを開設したのはこれを受けたものである」と語った。

P2i Technology, Shenzhenオフィスは当初、管理、経理部門から実装技術者、プロセスエンジニアまでの役割を担う17人のスタッフを擁することになる。

P2iの中国担当ゼネラルマネジャーであるドナルド・チャン氏は「深センの新しいP2iオフィスはP2iの顧客に近い場所に設置されるので、われわれは顧客の都合のよい時にアプリケーション開発と技術能力を提供することが可能となる。さらに、深セン地域は高度なスキルを備えた才能豊かで経験豊富な即戦力の雇員が数多く集まる場所であり、われわれは新オフィス開設によって最高のスタッフを引きつけ、雇用することが可能となる」と語った。

多数のP2iナノコーティング・システムが中国の当社顧客の施設ですでに稼働しており、新オフィスは試作品開発の作業を含め運用サポートを拡大する機会を提供する。P2i Technology, Shenzhenオフィスは顧客サポート・サービスの中心的なハブにもなり、顧客の製造所内にあるP2iナノコーティング・システムの稼働率と効率を高める。

P2iのピーター・ランキン最高執行責任者(COO)は「1月だけでも、中国で100万台以上のスマートフォンにP2iのナノコーティング・システムが使用された。サポート・サービスを地元で展開することによって、当社はあらゆる生産におけるストレスや潜在的な問題にタイムリーに対処することが可能となる。当社システムに日常的に接することによって、当社は最新の技術サービスを提供できることになり、当社の顧客は可能な限り最高の業績を上げることができる」と語った。

▽報道関係問い合わせ先
Powerscourt:

John Elliott
+44-(0)207-324-0492
or john.elliott@powerscourt-group.com

Juliet Clarke
+44-(0)203-328-9383
or juliet.clarke@powerscourt-group.com

Natasha Verniquet
+44-(0)1235-838-715
or natasha.verniquet@p2i.com

ソース:P2i

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事