logo

株式会社ワンオブゼム「CTO3センバツ」を2014年7月に導入~技術力向上に向けた新人事制度~

株式会社ワンオブゼム(本社:東京都新宿区、代表取締役:武石幸之助、以下ワンオブゼム)は、エンジニアのリーダー育成や技術力・スキル・キャリア志向の強化を目的とし、最高技術責任職(CTO)を選任し定期的に交代する制度「CTO3センバツ」を2014年7月より実施いたします。



■導入の背景
ワンオブゼムは、スマートフォンを中心としたモバイルコンテンツの開発・提供をビジネス基盤とし、これまで累計400万人のユーザーへコンテンツを提供し、運用経験および開発技術の蓄積を図ってまいりました。
日進月歩で進化発展を続けるシステム・エンジニアリングの市場において、技術者は日々情報発信・吸収をしながら、スキルを研鑽し、さらなる技術向上が求められております。
高い技術力の形成を目指す当社としても、開発エンジニアは貴重な人財であり、技術・キャリア両面でエンジニアの意欲や経験値を高める人事制度の導入は喫緊の課題であると認識してまいりました。
そこで当社は最高技術責任職(CTO)を最大3名選抜し、CTO室を編成。その所属メンバーを半期に一度見直し、定期的に交代する制度「CTO3センバツ」を2014年7月より実施することといたしました。

■CTO3センバツ 概要
CTO3は、当社に所属するメンバーまたは外部アドバイザーから選抜され、最大で3名で構成されます。
当社の経営陣と共に市場やビジネスの先を見据えた技術に関する意思決定を行い、会社全体の技術力向上のリーダーシップを発揮すべく、様々な専門性や技術好奇心・経験をもったメンバーを流動的に登用することを予定しております。
そのため、エンジニア職に限らず、ビジネス開発職や制作職、また社外の専門家などもCTO3の登用の候補となります。
任期は原則として半年とし、連続留任を可能とします。
第1回目の選抜は、全社の技術的動向や各メンバーのキャリアを見据え、取締役会にて承認・決定をいたします。
今後もワンオブゼムは、ユニークな人事制度を取り入れながら、エンターテイメント企業として成長してまいります。

■株式会社ワンオブゼムについて
ワンオブゼムは、2011年1月に設立。スマートフォンを中心としたコンテンツを自社にて企画開発、独自IPを生成することに特化し、国内外のチャネルにむけて提供してまいりました。
スマートフォン端末のシェアが急速に拡大する中、ネイティブアプリケーションへのシフトに先駆けて2011年10月にシリーズAの資金調達を実施し東南アジアに開発スタジオを設立しました。現地の優秀なエンジニアと共に、ネイティブアプリケーションに特化した開発対応と技術向上を先行して着手してまいりました。
2013年2月にリリースしましたネイティブゲーム「ガチャウォリアーズ」は、翌月にiOS無料ランキングで1位を獲得後GooglePlayにて国内外30カ国以上でピックアップされるなどし、全世界でユーザー数を集め、現在では200万ダウンロードを突破しております。

■会社概要
会社名: 株式会社ワンオブゼム
代表者: 代表取締役社長CEO 武石幸之助
設立 : 2011年1月21日
所在地: 東京都新宿区新宿1-28-11 小杉ビル4階
支社 : シンガポール、ハノイ
社員数: 65名(アルバイト・海外拠点従業員含む)
事業 : スマートフォンアプリケーション事業
    モバイルゲーム事業
    スマートフォンマーケティング支援事業
URL :リンク

■取材/お問い合わせはこちら
担当:株式会社ワンオブゼム広報チーム
連絡先:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。