logo

FileMaker Developer Conference 2014の詳細スケジュールを発表

2014年3月26日

FileMaker Developer Conference 2014の詳細スケジュールを発表

「ビジネスに限界はない(Business without Boundaries)」をテーマに、iPad/iPhone/Windows/Mac/Web 向けのカスタムソリューション開発に関してエキスパートが70を超えるセッションを実施、新たにハッカソンも開催

ファイルメーカー株式会社(東京都港区六本木)は、本日、今夏に開催されるFileMaker Developer Conference 2014 リンクの詳細スケジュールを発表しました。このカンファレンスは、年に一度開催される最大規模のイベントで、世界中から個人や企業の FileMaker開発技術者、トレーナー、ユーザーが一堂に会します。

今年で19回目となる本カンファレンスでは、「ビジネスに限界はない(Business without Boundaries)」 をテーマとし、新規のトラックが追加されるほか、インタラクティブなパネルディスカッションやFileMakerの課題に挑むハッカソンも実施されます。開催日程は、米国時間の2014年7月28日(月)から31日(木)までの4日間で、開催地は米国テキサス州サンアントニオのJW マリオット サンアントニオ ヒル カントリー リゾート&スパです。世界の27カ国から1,200人のFileMakerファンと45人のスピーカーが参加することが見込まれています。

カンファレンス参加者はFileMakerプラットフォームの未来について聞き、ソリューション開発のヒントを互いに交換し、新しいスキルを学び、世界中から参加する開発技術者と交流し、新しい製品やサービスを知ることができます。カンファレンスに参加すれば、以下のような7つのトラックを通して、ビジネス業務における限界を取り除く方法を学び、ビジネスニーズに合ったカスタムソリューションをFileMaker 13プラットフォームで作成することができます。

・プレカンファレンス トラック:カンファレンスの開催前にFileMakerの基礎知識についてブラッシュアップできる各2時間のセッションが6つ用意されています。
・[新規] モビリティ トラック:FileMaker Go for iPad/iPhone向けのソリューションを構築する方法を直に学ぶことができます。同期や位置情報サービスのほか、FileMaker Go 13の新機能であるバーコードスキャニングやiOS対応キーボードなどのトピックが扱われます。
・[新規] イノベーション トラック:統合環境、ビジネス・インテリジェンス、大容量システムなど、真に革新的な開発作業から多くのアイディアを学びます。
・コア トラック:データモデリング、スクリプティング、ベストプラクティスなどFileMaker開発の中核となるスキルを学びます。
・デザイン トラック:最良のソリューションを作成することができるユーザー中心設計のメリットを理解し、視覚的にも魅力あるソリューションを作成するためにFileMaker 13の新しいテーマや新機能のスタイルツールを活用する方法を学びます。
・Web トラック:FileMaker WebDirectのベストプラクティスや使用例、PHPによるカスタムWeb公開、HTML、JavaScript、CSSなどを含め、Web向けにFileMakerソリューションを展開する方法を学びます。
・ビジネス トラック:FileMakerビジネスのリーダーたちが、どのようにビジネスを成功に導き、新しい開発技術者を採用し、FileMakerのリソースを活用しているかについて学びます。

注目の新しいセッションとして、「大きな成功をもたらすFileMaker Goビジネスの構築方法(Building a Very Successful FileMaker Go Business)」「ボンネットの下:FileMaker Server 13とデータベース暗号化の中身(Under the Hood with Database Encryption and FileMaker Server 13)」「FileMaker WebDirectのための5つのレッスン(Five Lessons for FileMaker WebDirect)」などが用意されています。他にも、参加者が事前に質問を投稿できる「デザイン(Design)」、FileMakerのエンジニアによる「パフォーマンス(Performance)」、非常に成功している技術開発社が成功の秘密を紹介する「ビジネスの育て方(Growing Your Business)」といったパネルディスカッションを用意しています。

また、参加者がある課題に対してソリューションを開発し競い合う“ハッカソン”イベントも開催されます。その他、スペシャルイベントとして、FileMakerユーザーや開発者がその場で回答を得ることができるビジョナリーバー(Visionary Bar)や、技術的なサポートを受けられるテック サポート セントラル(Tech Support Central)が用意されています。

本カンファレンスの詳細スケジュールリンクをご覧のうえ、参加されるセッションのご予定を計画ください。

登録に関する情報

このカンファレンスに 2014 年 6 月 3 日までに参加登録を完了すると、早期登録優待プロブラムにより、参加登録費が 23,000 円割引され、通常の「スタンダードパッケージ」は 99,000 円、すべて込みの 4 日間パス「ゴールドパッケージ」は 145,000 円でお申し込みいただけます。この 4 日間パスには、通常のカンファレンス・セッションのほか、プレカンファレンス・セッションも含まれます。有償でカンファレンスに出席する参加者は特典として、FileMaker Pro Advanced リンク(63,000円相当、税別希望小売価格)を受け取れます。参加登録の詳細については、こちらリンクをご覧ください。

グループ割引もご用意しています。3人分の参加登録を行うと、4人目の参加登録費用が無料となります。詳細についてはファイルメーカー株式会社までお問い合わせください。

なお、会場となるホテルは、当カンファレンス参加者向けの特別団体割引料金で宿泊が可能です。利用できる部屋数には限りがありますので、早めに予約することをお奨めします。予約は電話(+1-210-276-2500、+1-866-882-4420)もしくはオンライン予約リンクが可能です。


【ファイルメーカー社について】
ファイルメーカー社は、iPad、iPhone、Windows、Mac、Webに対応したカスタム・ビジネスソリューションを簡単に作成するための革新的なソフトウェアを提供しています。個人から世界最大の組織まで、世界中で何百万もの人々がビジネスプロセスを合理化するためにFileMakerプラットフォームを使って情報を管理し、全体的な生産性を向上させています。米国本社のFileMaker, Inc.はApple Inc.の子会社です。日本法人のファイルメーカー株式会社はFileMaker, Inc.の子会社です。

# # #

【 この件に関する報道関係の方のお問い合わせ先 】
FileMaker Press Information 担当
Tel: (03) 5445-1281 Fax: (03) 5427-7322
E-mail: filemaker_japan_pr@filemaker.com
読者からの資料請求への対応が必要な場合には、「FileMaker Press Information」までご連絡ください。

(c) 2014 FileMaker, Inc. All rights reserved. FileMaker、FileMaker Goおよびファイルメーカーは米国およびその他の国々で登録されたFileMaker, Inc.の商標です。ファイルフォルダロゴは、FileMaker, Inc.の商標です。その他記載された会社名及びロゴ、製品名などは、該当する各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。