logo

◎Spin Masterがベストセラー商品の特許、著作権違反で中国玩具メーカー2社を提訴

Spin Master Ltd. 2014年03月24日 13時45分
From 共同通信PRワイヤー

◎Spin Masterがベストセラー商品の特許、著作権違反で中国玩具メーカー2社を提訴

AsiaNet 56231
共同JBN 0325 (2014.3.24)

【トロント、ロサンゼルス2014年3月21日PRN=共同JBN】カナダ最大の玩具・エンターテインメント企業で飛行玩具の世界リーダーであるSpin Master Ltd.は21日、中国のShantou Chenghai Hui Ying Toy Factory(Hui Ying)とShantou Chenghai Hua Cai Ke Yi Industry and Trade Co., Ltd.(Hua Cai)の2社に対する訴訟を汕頭市中級人民法院(仲裁裁判所)に提出したと発表した。同訴訟は、手のひらを使って空中の人形をコントロールできるSpin Masterのベストセラー商品Flutterbye(登録商標)Flying Fairy(商標)の模造品を製造しないようHui Ying、Hua Cai両社に命じることを求めるとともに、これまでに生じた損害の賠償を求めている。

Flutterbye Flying Fairyは世界的なヒット商品になっており、全米玩具協会の2回にわたる最優秀玩具賞候補をはじめ数多くの賞を受けている。訴訟は、中国2社によるSpin Masterの著作権および実用新案特許に対する違反を申し立てている。この模造品は「Beautiful Flying Fairy」「BaoNiu Flying Fairy」「Flower Fairy」としてそれぞれ販売されている。

Spin Masterのグローバル・プレジデント兼最高執行責任者であるベン・ギャドボア氏は「この訴訟によって、われわれは当社の利益を守り続け、権利が侵されれば行動することを示し続ける。こうした模造品に対する認識を広めることは、当社だけのためでなく当社の正規輸入者、供給業者、一般市民を守るために重要であると考える。革新なオリジナル商品のクリエーターとしてわれわれは常に、安いという理由で北米や欧州の小売店がアジアから購入する違法な模造品に直面している」と語った。

Spin MasterはFlutterbye Flying Fairyを複製した製品の権利侵害と違法な輸出を防ぐため、オンラインモニターや行政執行を含む一連の措置を執っている。Spin Masterは現在までに100を超えるウェブサイトの閉鎖に成功している。これらのサイトは、インターネットを使用しSpin MasterのFlutterbye Flying Fairyの成功に乗じて模造品を世界市場に売り込もうと試みていた。これらウェブサイトの多くは、訴訟の被告Hui YingとHua Cai両社が製造した商品を販売しようとしていた。

Spin Master Ltd.の法律顧問クリス・ハース氏は「当社のような企業はオリジナルなコンセプトに基づいて、エキサイティングでチャレンジングな玩具を制作するため毎年数百万ドルを研究開発に投資している。当社は著作権、特許、商標を登録しているが、知的財産の侵害を見つけ出すのがますます難しくなっている。権利侵害者は劣悪な製品を市場にあふれさせることで当社のビジネスに損害を与えるだけでなく、当社の商品の品質と名声を信頼している消費者も傷つけている。Spin Masterは法廷で断固として自社の権利を行使し続け、当社の知的所有権を偽造者から守るため、全世界の税関・国境警備組織と緊密に協力していく」と述べた。

▽Spin Master Ltd.について
マルチカテゴリーの児童用エンターテインメント企業であるSpin Masterは、1994年以来世界の子供向け商品のデザイン、開発、製造、販売を行っており、世界の玩具業界で急成長のリーダーとして認められている。Spin Masterは以下のような人気ブランドでよく知られている。それらには、男の子の間で流行し2009-2010年のBoy’s Toy of the Yearに選ばれた人気ブランドBakugan Battle Brawlers(商標)や授賞ブランドのAir Hogs(登録商標)、Aquadoodle(商標)、Flutterbye(商標)、さらに2014 年Game of the Yearに選ばれたBoom Boom Balloon(商標)、人気のHedbanz(商標), SpyGear(商標)、Tech Deck(商標)、2014年の Innovative Toy of the Year になったZoomer(商標)を含むSpin Master Games(商標)がある。同社はまた、就学前児童用のヒット・アニメシリーズPAW Patrol(商標)を含むテレビ・メディアコンテンツの設計、開発、制作を行う子会社Spin Master Entertainmentを立ち上げ、子供向けメディアに参入している。Spin Masterはトロント、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、香港、メキシコ市、ミュンヘン、ミラノにオフィスがあり900人以上を雇用している。詳細はwww.spinmaster.comを参照。

▽問い合わせ先
Chris Harrs
General Counsel
Spin Master Ltd.
+1.416.364.6002 ext 2368
ChrisH@spinmaster.com

ソース:Spin Master Ltd.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。