logo

流行りのO2Oアプリの利用率はおよそ3人に一人  プッシュ型情報配信は週1回程度を希望し、月1回は利用。  クーポン利用先は飲食店やドラッグストアなど日常生活に定着傾向

-O2Oサービス利用状況調査-

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、東京都及び政令指定都市に在住する20‐59歳の男女を対象に、「O2Oサービス利用状況調査」を実施しました。

■調査背景・目的
 昨今、スマートフォンの急速な普及とソーシャルメディア利用者の拡大を背景に、オンラインとオフラインの間を自由に行き交う(O2O)時代が本格的に到来したと言われる。今回は、オ

ンラインからリアル店舗への誘導する【アプリ】をキーにして、そのインストール実績や情報取得における生活者意識、利用シーンや実績など、様々なメディアの情報に触れながら意思決定を

していく生活者の「今」を明らかにした。

 
■調査結果
・『O2O』のサービスの利用率は43.0%。そのうち実店舗での利用経験者は全体の35.6%
・『O2O』サービスに対する『利用』と『今後の意向』を利用者ベースで比較すると、「特定商品やサービスの割引クーポン」は『利用』『意向』ともに高い。一方で「店頭でのサンプル商品受け取り」は『利用』は少ないものの(16.3%)、『意向』が高い(55.6%)。利用者のニーズに合わせて増えていくのではないかと思われる。
・『O2O』で利用した店舗は「飲食店」が75.3%で最も高い。次いで「コンビニ」(24.2%)「電器店、家電量販店」(16.3%)「アパレル」(15.7%)「薬局、ドラッグストア」(14.6%)。
・オンライン情報の希望配信頻度は「週に1回」以下という回答が8割以上を占める。
・ネットやアプリ情報から対象店舗を利用した頻度は「月2回以上」が12.8%「月に1回」が17.0%と約3割が月に1回以上利用していることがうかがえる。


■調査概要
調査手法   : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査地域   : 東京都・政令指定都市
調査対象   : 20才~59才の男女
調査期間   : 2014年2月8日(土)~2月9日(日)
有効回答数  : 500サンプル



【会社概要】
会社名   :株式会社クロス・マーケティング リンク
所在地   :東京都中央区銀座8-15-2 銀座COMビル6F
設立    :2003年4月1日
代表者   :代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容 :リサーチ事業

用語解説

◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当:渡部  TEL : 03-3549-0230  FAX : 03-3549-0221
E-mail : pr-cm@cross-m.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。