logo

CTCスーパーエンジニアのコラム”ザットネス・ゼアネス ~負荷分散装置(ロードバランサ、Load Balancer)~”

スーパーエンジニア講師による人気連載コラム

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)のグループ会社で、ITシステムの保守サポート、運用サービス及び教育サービスを提供するシーティーシー・テクノロジー株式会社(本社:東京都千代田区、以下:CTCテクノロジー)はCTCスーパーエンジニアのCTCスーパーエンジニアのコラム”ザットネス・ゼアネス ~負荷分散装置(ロードバランサ、Load Balancer)~”を公開しました。

###

 負荷分散装置(ロードバランサ、Load Balancer)の話をしたいと思います。

 ロードバランサは、その名のとおり「負荷を分散させる」ための装置(専用ハードウェア、仮想アプライアンスまたはソフトウェアやサービスもあります)です。
 クライアントからの要求(リクエスト)を分散させることで、負荷を軽減することが主目的です。

 では、誰の何の負荷を軽減するのかというと、サーバーに対するネットワーク経由のリクエストを振り分けることで負荷を軽減することが可能になりま す(振り分け情報がネットワーク・レイヤーによって異なることから、OSI参照モデルでのトランスポート層を解析する「L4スイッチ」とアプリケーション 層まで解析する「L7スイッチ」の2種類に大別されます)。

 例えば、あなたがWebサーバーでサイトを運用していると仮定しましょう。
 運営しているうちに人気サイトになったことでコンシューマ(クライアント)からの膨大なリクエストを1台のサーバーで捌き切れなくなった時に、ロードバランサを適用することで問題を解決できるのです。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。