logo

OrangeOne株式会社  遠隔ソリューションビジネスの海外展開に向けた新会社に資本参画

OrangeOne株式会社(以下、オレンジワン)は、株式会社NTTドコモ(以下ドコモ)とRSUPPORT株式会社(以下、アールサポート)と、海外の携帯電話事業者や端末メーカーを中心に、遠隔サポートソリューションを販売導入するための合弁会社に設立パートナーとして参画することに合意し、合弁契約を締結いたしました。

オレンジワンは、スマートフォンやPC関連の解析及び開発と、テクノロジープロダクトの事業化オペレーションに関する高いスキルを持つプロ集団として、これまで複数の優れた海外技術を国内に導入し、ローカライゼーション、事業化支援などを行ってきました。このたびの新会社への参画により、これまでに国内で蓄積してきたノウハウをドコモとアールサポートとの強い連携で戦略的に海外へ展開していきます。

オレンジワンが資本参画する新会社「モビドアーズ株式会社」(mobidoors, Inc.)は2014年3月25日(水)に設立の予定です。



【オレンジワンが資本参画する新会社の概要】

1. 設立の目的

お客様のスマートフォンの画面を確認し、操作のサポートを提供するドコモのサービス「スマートフォンあんしん遠隔サポート」は、アールサポートが開発・販売を行っている遠隔サポートソリューション「RemoteCallモバイルパック」により提供されています。新会社は、アールサポートが保有する遠隔サポートソリューションの技術力や開発力に加え、ドコモが「スマートフォンあんしん遠隔サポート」の提供で培った経験とノウハウ、オレンジワンのシステム構築・運用ナレッジを活用し、海外の遠隔サポート市場を開拓する目的で設立いたします。同社は、ドコモ、アールサポート、オレンジワンの協力の元、世界の携帯電話通事業者や端末メーカーへ遠隔サポートソリューションを販売導入していく予定です。



2. 合弁会社の概要

■商号: モビドアーズ株式会社
■事業内容: 1. モバイル・PC向け遠隔サポートサービスの販売 2. 遠隔サポートの運用、保守業務 3. その他付随業務、アールサポート開発商品の販売
■本店: 東京都港区赤坂2丁目13番5号
■資本金: 4億円
■代表者: 代表取締役社長 荒木 裕二
■従業員数: 8名


3. 各社の出資比率

ドコモ:55%
アールサポート:40%
オレンジワン: 5%




【OrangeOne株式会社について】

オレンジワンは、エヌケーホールディングス、韓国RSUPPORT社、ジェネサスの3社によるジョイントベンチャーとして2006年11月に設立されました。オレンジワンは、(1)一般リモートサポート市場で圧倒的なシェアを持つ韓国RSUPPORT社の製品の販売及び新しいソリューションの企画・開発・提供、(2)遠隔サポートツールを活用した中小企業及び大企業向けのITコンシェルジェサービス、(3)大手通信事業者、ISP、量販店、PCサポート会社向けにITコンシェルジュサービス事業化プログラムの提供、(4)クラウドサービスの販売及び導入支援の4つの事業を行っております。
URL :リンク




【本リリースに関するお問い合わせ先】

OrangeOne株式会社
東京都千代田区神田錦町1-27-4大手町ITビル4F
Tel: 03-5283-2121 Fax: 03-5283-2122
E-mail : info@orangeone.jp
URL :リンク
PR担当:増子(マスコ)




【Copyright・商標】

下記の他社登録商標・商標をはじめ、当サイト内に記載されている会社名、製品名は一般に各社の登録商標または商標です。なお本文中では、TM 、(R)マークは明記しておりません。
※ スマートフォンあんしん遠隔サポートは株式会社NTTドコモの商標です。
※ RemoteCallはRSUPPORT株式会社の日本およびその他の国における商標です。
※ 本プレスリリースに記載された情報は、発表日現在のものです。商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事