logo

フリースケール、QorIQマルチコア・プロセッサ向けに新しいOpenFlow(TM)準拠ソフトウェアを統合。 SDN (Software Defined Networking) の導入を容易に

フリースケールQorIQ通信プロセッサ上で動作する包括的なVortiQaソリューションにより、高度に最適化されたSDNシステムレベル・ソリューションの開発を加速

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ、以下 フリースケール)は、SDN (Software Defined Networking)の時代をリードするべく、新しいVortiQa(ボーティカ)SDNソリューションを発表します。新ソリューションには、現行世代および次世代のフリースケールQorIQ(コア・アイキュー)マルチコア通信プロセッサ上で動作するよう最適化されたVortiQaオープン・ネットワーク(ON)ディレクターおよびスイッチ・ソフトウェアが組み込まれています。

この包括的なソフトウェアには、商用グレードのOpenFlow準拠データ・プレーン・ソフトウェアがあらかじめ統合されており、機器メーカー各社は、高性能かつ最適なSDNシステムレベル・ソリューションの設計を加速することができます。QorIQを利用した設計サイクルの短縮化、ネットワーク管理の簡素化が可能になり、ネットワーク事業者は、導入コストと運用コストを削減することができます。

フリースケールのデジタル・ネットワーキング部門ソフトウェア&システム担当副社長であるラジャ・タベットは、次のように述べています。「過去数十年にわたって、フリースケールは、ネットワーク市場が変革するたびに重要な役割を果たしてきました。そして現在は、ソフトウェアとハードウェアを統合したソリューションを提供することで、プログラマブル・ネットワークの技術革新を促進する独特な立場に立っています。SDNを活用する際に、フリースケールのQorIQプロセッサとVortiQa SDNソリューションを使えば、SDN/NFV時代の要求仕様を念頭に開発された最適なSDNプラットフォームを手に入れることができます。」

新しいVortiQa SDNソリューションは、フリースケール製通信プロセッサをベースとするセキュア・ルータやゲートウェイなど、SDN/OpenFlow準拠の宅内通信機器(CPE)やエンタープライズ・ネットワーク機器を設計する際の主要な基盤を提供します。また、データ・センターや、プライベート、パブリック、ハイブリッド、いずれのクラウド・サービスのネットワーク・ソリューションにおいても、メリットがあります。

VortiQa SDNソリューションは、OpenFlow 1.3.xオープン・スタンダードに準拠しており、さらにレイヤ4以上のプロトコルに対応するよう拡張されています。専用のデータ・プレーン・ソフトウェアに加え、コンパクトな組込み設計を実現するようC言語で記述された組込みSDNコントローラも含まれており、Linux(R) IPsecなど、さまざまなアプリケーションによってサポートされます。VortiQa SDNソリューションは、フリースケール製プロセッサ上で最適化と事前検証が行われ、お客様の市場投入時間を短縮することができます。また、商用レベルのサポートとサービスを受けることも可能です。

Open Networking Foundation(ONF)のエグゼクティブ・ディレクターであるDan Pitt氏は、次のように述べています。「ONFのメンバ企業は、標準化仕様への貢献や各社独自の製品開発を通じて、積極的にオープンSDNの商用化を推進し、エンド・ユーザのニーズをサポートしています。特に、オープンSDNに向かう動きが強まる中、ソフトウェア開発に対して極めてニーズの高い時代を迎えており、ONFとしては、メンバ企業がこの業界ニーズを満たすことをうれしく思います。」

VortiQaオープン・ネットワーク(ON)ディレクターおよびスイッチ・ソフトウェアは、現行世代のQorIQプロセッサ上で動作し、さらに最適なソフトウェアの再利用を実現するべく、コアに依存しないソフトウェア・アウェアなLayerscapeアーキテクチャをベースとする次世代のQorIQプラットフォームについてもサポートする予定です。

フリースケール:ONFのリーダー
長年にわたってネットワークや通信の分野で包括的なソリューションを提供し、市場リーダーの地位を確立しているフリースケールは、Open Networking Foundation(ONF)の積極的なメンバ企業であり、ONFのChipmakers' Advisory Board(CAB)にも参加しています。SDNパラダイムの中核に位置するOpenFlowプロトコルは、ネットワーク全体に広がる制御ポイントからネットワーク・トラフィックを動的に管理できる標準化されたプログラマブル・インタフェースを実現し、ネットワーク事業者に向けて新次元の柔軟性と相互運用性を提供します。フリースケールは、ONFのイベント「PlugFest」に直接参加する数少ないシリコン・ベンダの1社であり、レイヤ4~レイヤ7のプロトコルをカバーするOpenFlow拡張の開発に貢献しています。

供給
フリースケールのVortiQaオープン・ネットワーク(ON)ディレクター及びスイッチ・ソフトウェアは、2014年3月に提供を開始する予定です。詳細については、フリースケール・セミコンダクタまたはお近くの販売代理店にお尋ねください。


フリースケール・セミコンダクタについて
フリースケール・セミコンダクタ(NYSE:FSL)は、先進の自動車、民生、産業、およびネットワーク市場において、業界を牽引する製品を提供する組込みプロセッシング・ソリューションの世界的リーダーです。マイクロプロセッサ、およびマイクロコントローラ、センサ、アナログ製品やコネクティビティといった私たちの技術は、世界中の環境、安全、健康を向上させ、そしてそれらをよりつなげるイノベーションの基盤となります。また、オートモーティブ・セーフティ、ハイブリッドや電気自動車、次世代のワイヤレス・インフラストラクチャ、スマートエナジー、ポータブル医療機器、家電やスマート・モバイル製品といったアプリケーション向けの製品を提供しています。フリースケールは、テキサス州オースチンを本拠地に、世界各国で半導体のデザイン、研究開発、製造ならびに営業活動を行っています。詳細は、リンクをご覧ください。


フリースケール・テクノロジ・フォーラムについて
イノベーションとコラボレーションの促進を目的に設立されたフリースケール・テクノロジ・フォーラム(FTF:Freescale Technology Forum)は、業界最大規模の包括的な組込みエコシステムを体験できるイベントです。FTFでは、フリースケールやエコシステム・パートナーが4日間にわたって詳細なトレーニングや実践的なワークショップ、デモンストレーションを提供します。また、業界の同業者や優れたビジョンを持つ先駆者とコラボレーションを進めるまたとない機会でもあります。世界中のデベロッパ・コミュニティから熱い支持を受けており、2005年に開催を開始して以来、FTFの参加者は世界全体で6万人に到達しようとしています。中核イベントであるFTF Americasは、2014年4月8日~11日にテキサス州ダラスで開催される予定です。FTF Japanは東京にて、2014年10月6日に開催される予定です。

FreescaleならびにFreescaleのロゴマークはFreescale Semiconductor Inc., Reg. U.S. Pat. & Tm. Off.の商標、または登録商標です。文中に記載されている他社の製品名、サービス名等はそれぞれの所有者が権利を保有しています。
(C)2014 Freescale Semiconductor, Inc.

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事