logo

人事500名調査  女性管理職登用に関する取り組みを行っている企業は35.6%

株式会社リクルートキャリア 2014年03月05日 12時01分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:水谷智之)が運営する
転職情報サイト、リクナビNEXT(リンク)は、
女性管理職登用の実態についての調査を実施いたしました。

▼人事500名調査から見る、女性管理職登用の取り組みの「今」
リンク

――――――――――――――――――――
■取り組みを行っている企業が多い業界は「金融・保険」「メーカー/電気・電子・機械」「サービス」
――――――――――――――――――――

全国の人事担当者500名(男性350名/女性150名)を対象にアンケートを実施しました。
(調査期間:2014年1月24日~1月29日、実査機関:楽天リサーチ)

まず「女性の管理職登用に関する取り組みを行っていますか?」と質問したところ、「はい」と回答したのが10.0%、「どちらかといえばはい」と回答したのが25.6%となり、併せて35.6%の企業が取り組みを行っているいう結果が出た。

業界ごとに見てみると、「はい」「どちらかといえばはい」と回答した割合が高かったのは次の通り。
 1位:金融・保険(45.8%)
 2位:メーカー<電気・電子・機械>(43.5%)
 3位:サービス(39.7%)

逆に「はい」「どちらかといえばはい」と回答した割合が低かった業界は次の通り。
 1位:商社(15.4%)
 2位:IT・通信(25.9%)
 3位:不動産・建築(31.1%)

また「はい」「どちらかといえばはい」と回答した企業に対し、具体的に行っている取り組みに複数回答で聞いてみたところ、以下のような結果となった。

 1位:男女差のない公正な評価・処遇制度を整備する(60.8%)
 2位:育児休暇制度など、女性が働きやすい社内制度を整備する(45.8%)
 3位:研修やセミナーを実施するなど、女性管理職を育成するための社員教育を行う(30.1%)
 4位:経営指針や経営計画等において、女性の管理職登用の目標を明示する(15.4%)
 5位:管理職または管理職候補の女性を外部から採用する(12.1%)

まずは社内からの登用を目指すという動きがみられるが、社外から管理職候補を採用したいという企業も1割程度見られた。


(関連記事)
▼独自調査から読む、女性管理職が活躍しやすい環境と心構え
リンク

▼管理職を目指す?目指さない?女性のキャリアの「選択肢」
リンク

▼リクナビNEXT
リンク

▼リクルートキャリアについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
kouho@waku-2.com
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。