logo

◎「アン・イディオット」がリバレイト・アートを望む

LAANART GALLERY 2014年03月04日 11時10分
From 共同通信PRワイヤー

◎「アン・イディオット」がリバレイト・アートを望む

AsiaNet 56031

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

「アン・イディオット」がリバレイト・アートを望む- 「リベラリズム・アート」が新たな芸術形式として自由な可変スタイルを実演

+25年間拒絶された芸術に対する抗議を経て実演される
一貫した25年間の拒絶を経て、芸術家は「全く無知の画家」として、「アン・イディオット (AN IDIOT) 」というペンネームで実演しました。- それ以来、新しい芸術スタイルや手法を発展し続けてきました。同芸術家は80年代の間に、これまでの全ての作品を破壊し、細かく切り刻んで、工場施設のワークショップでこれらを燃やしました。- これらすべては、販売促進を加速する芸術市場に後押しされた価値認識に対する抗議としてなされました。四半世紀後、同氏は創造と確立されたスタイルの限定的な制限から距離を置いた、芸術作品で対応しています。この芸術家についての唯一の作品には、うつむいたエックス線自画像があります。この匿名性は、活動と精神の自由を保護しています。同芸術家の作品については(リンク)を参照してください。

「アン・イディオット」は新たに生み出された芸術スタイルや手法を、シンメトリズム (Symmetrism) 、ドュクティズム(Ductism) 、 プラスタイルリズム (Plastylelism)、リサイクリズム (Recyclism) 、ラウンドリズム (Roundism) 、コンパリズム(Comparism) 、ウォーミズム (Wormism) 、トランスパレンティズム (Transparentism) などの言葉を使用して表現していします。芸術家は「リベラリズム・アート (Liberalism ART) 」として自身の芸術によって体現された姿勢を集約しています。これまで、リベラリズムだけが憲法・経済社会自由主義として知られています。同芸術家は「リベラリズムは、自称イディオットなど、自由な可変スタイルを象徴し、芸術作品でも実践されています」と述べました。「イクストリーム・コスモポリタン (extreme cosmopolitan) 」は、年間最大40カ国で、同氏のインスピレーションを寄せ集めています。「沈黙の四半世紀 (quarter-century of silence) 」に続いて生み出された一連の豊富な作品は、まるで高速のように爆発的に放出された鬱積した創造性を実演した、無数の作品を含んでいます。

また芸術家は、自由主義が出現する前の期間を「創造性」と表現しています。目に見えない芸術的・様式的多様性の魅惑に加えて、同氏の遊牧生活もまた、過去、現在、未来のような話題を取り入れた、相互接続された文化および主題移行、文体的、自由な創造作品を生み出しています。

詳しい情報や写真については以下をご参照ください。
リンク

プレスコンタクト:
www.JETZT-PR.de - 代理店
Wilhelm Fuchs
電話: +49-211-749585161
Eメール: fuchs@jetzt-pr.de




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事